成りたい人になる「LGBT成人式@埼玉」~参加者の年齢もセクシュアリティ不問!

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ACCVTTzH.jpg

LGBT成人式@埼玉は2月6日、さいたま市産業文化センターで開催(写真は公式Twitterより)

 参加者同士の傷害事件や式典妨害の数々、あるいは会場の駐車場で老夫婦がはねられるなど、今年も各地でトラブルが続出した成人式。そんな自治体主催の恒例行事とは距離を置き、「年齢・セクシュアリティ不問!」を謳い、ドレスコードは「あなたらしい恰好!!」と幅広く参加を呼びかけるユニークな“成人式”が、2月6日、さいたま市中央区の市産業文化センターで開かれる。

 「自分がいる場所で、ありのままの自分を表現したいと思っている」性的少数者やその家族、理解ある友人や応援者が集って「成りたい人になる」ことを祝福しあう目的で、開催されるのは、『LGBT成人式@埼玉』(同実行委主催)。代表の松川莉奈さんらは「“あらゆる性をもつ私たちはここにいる!”ということを実感できるようにしたい」と想いを記し、注目イベントへの協賛団体も募っている。

2016年はLGBTのALLY(アライ)が流行語に!?

 Lはレズビアン(女性同性愛者)、Gはゲイ(男性同性愛者)、Bはバイセクシャル(両性愛者)、Tはトランスジェンダー(性同一性障害者)――、その頭文字を採ってLGBTという説明も、そろそろ不要になってきた感がある。

 昨年は全米で同性婚が合法化され、わが国でも東京・渋谷区が同性カップルを「結婚に相当する関係」と認めてパートナーシップ証明書の交付を開始。2016年はALLY(アライ=LGBTの理解者・支援者)が流行語になるとも言われている。

 電通ダイバーシティ・ラボが全国約7万人を対象に行なったネット調査(2015年4月)から、LGBTの割合が「13人に1人」(7.6%)との趨勢が判明。この比率を身近な職場や学校、親族や仲間に置き換えてみれば、年明け早々、NHKの情報番組『あさイチ』(1月6日放送分)が〈こどもがLGBT 親ならどうする?〉とリアルな切り口で取り上げたのも納得できるというもの。番組では“LGBTに優しい国”としてスウェーデン事情も紹介した。

同質文化が多様性を問われる時代

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆