トラウマは長生きの元? 世界最高齢はアウシュビッツからの生還者

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「長寿の秘密はわからない。できるだけの勤労と、失われたものを再度築くこと」

 PTGの研究は、近年、心理学の分野で世界的に広がっているが、ここでの「Growth=成長」は、単に「自己成長しよう」という精神論的なものではない。社会的背景などが絡み合い、内的・外的な要因が相互影響した結果としての現象である。人は環境の生き物だ。ホロコーストが人々にPTGをもたらすに値する、社会的な認知や補償があったことは非常に大きい。

 また、ポジティブな変化は、あくまで可能性のひとつであり、トラウマは筆舌にしがたい辛く重い体験である。それは他者が客観的に評価できるものではなく、その人の心の内で、ずるずるとどこまでもついて回る、途方もない存在だ。

 イスラエルさんの内面で、ホロコーストを経てどんな変化が起きたのかは定かでないが、インタビューの質問に対し、「長寿の秘密はわからない」「やるべきことは、できるだけの勤労と、失われたものを再度築くことだった」と答えている。

 今回の発表は、人は脆さも抱えているが、限りない力強さも備えているという、希望的で、それこそポジティブなニュースといえるだろう。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫