連載「乳酸菌で腸内環境を改善、がんも予防!」第9回

便秘に効く「ヨーグルト」はコレ! 善玉菌を増やす乳酸菌の種類が重要

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

効果的な株含む乳酸菌を毎日食べることが大切

 乳酸菌といっても、いろいろな種類があり、その効用も実に様々だ。効果的に便秘を解消したいのなら、便秘解消に効果の高い乳酸菌を含むヨーグルトを毎日食べることだ。

 いくら便秘解消に効果が高い乳酸菌を含むヨーグルトを食べたとはいえ、たとえば1度や2度では簡単に解消するものではない。我々の腸内環境は日々、変化している。食事の内容や体調、運動、睡眠などで腸内の悪玉菌が増えていくこともある。1度とった乳酸菌が体の中にずっと存在して、腸内で増え続けると安心してはいけない。そのために、毎日、継続的に食べていく必要があるのだ。

 また、ヨーグルトを食べるなら、乳酸菌が胃酸などに壊されないように、食後に食べた方が効果的であるともいわれている。もちろん、単独で食べても悪くはないが、しっかりした食事をとらなくても、フルーツや野菜など軽く何かを食べた後に食べるとよいだろう。ただし、あまり神経質になりすぎる必要はない。

 なお、便秘解消に効果があるとされている乳酸菌は、EC-12株、JEF01株、サーモフィラス菌1131株、BB536株、KW3110株、BE80株、SBT2055株(ガセリ菌SP株)、シロタ株、OS株、ブレーベ・ヤクルト株など数多くある。

 最近はパッケージなどに効用が書いてあるものも多いが、どんなヨーグルトを食べたらいいか迷ったときには、こんな菌が含まれているものを選ぶとよいだろう。

連載「乳酸菌で腸内環境を改善、がんも予防!」バックナンバー

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子