ジカ熱、国内初の感染者が! 米では性交渉による感染の疑いも指摘されている!

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカで性交渉による感染者との報告

 では、ジカ熱は日本でも広がるのか? 中南米での流行を受けてアメリカでの感染者がいつ発見されるかが大きな関心となったが、CDC は1月23日、アメリカ国内で性交渉によってジカウイルスに感染した可能性がある患者が14人報告されたと発表した。ヒトからヒトへの感染はないとしたこれまでの説を覆す新事実だ!

 世界保健機関(WHO)は、今後1年間で、感染者が300万人から400万人と爆発的に増加する可能性を警告している。こうした緊急事態宣言は、2014年8月に西アフリカで猛威を振るったエボラ出血熱を警告して以来だ。(1月30日)

 ジカウイルスを媒介するヒトスジシマカは国内にも生息している。その活動時期は5~10月だが、このとき海外から感染者が入国し、その人を刺したヒトスジシマカが他の人へ媒介すれば、感染が広がる恐れは十分にある。

 未だ有効なワクチンや特効薬はないジカ熱。リオロ五輪が開催される8月はもっとも蚊の少ない季節とされるが、不安は消えない。アメリカでは性交渉での感染の可能性が指摘されるなどまだまだ不明の点もある。海外渡航はもちろんのこと国内での動向にも注意が必要だ。

ジカ熱に関する情報は以下に詳しい。

●厚生労働省 ジカウイルス感染症について
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000109881.html
●ジカ熱最新情報ポータルサイト 
https://www.elsevier.com/connect/zika-virus-resource-center/

 エルゼビア(本社:オランダ・アムステルダム、CEO: Ron Mobed)と医学情報誌Lancetは、『ジカ熱最新情報ポータルサイト』を緊急公開した。医療従事者や研究者、公共的な立場から発信される最新の情報アップデートし、研究論文、批評、論説、通信、コメントが掲載される。とかく感染情報が遅れがちな政府発表よりいち早い情報が出そうだ。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆