「肩こり解消」のための「カイロプラクティック」で後遺症!米国では死亡事故も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カイロプラクティックだけではなく、民間のマッサージ店などでも死に至らなくても後遺症が残る怪我を負うケースが毎年報告されている。たとえば、筋肉を強くマッサージしすぎて内出血を起こしてしまったり筋損傷を起こしてしまったり、骨折をしてしまうケースが報告されている。

 それらの事故を防ぐにはどうしたらよいのだろうか?

 肩こり腰痛を感じたら、自分で民間のお店にいくのではなく、まずは医療機関にかかり、正しい診断を受けることが一番である。肩こりを感じていても、重大な疾患の可能性もあるし、その部分をマッサージしてはいけない場合もたくさんあるのだ。

 マッサージすることで、血管が破れてしまうことは普通に起こりうることである。医療機関で、その症状は本当にマッサージをしてもよいものなのか、動かしてもよいものなのか、を判断してもらうことは、治療することよりも重要なことである。取り返しのつかなくなるまえに、そのことでぜひ肝に銘じてもらえると幸いである。

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子