シリーズ「血液型による性格診断を信じるバカ」第4回

馬鹿な信仰〝 血液型性格論〟はこうして形成されてきた~戦後ブームを検証!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

学問から離れ「共感トリック」に走った能見

 放送作家だった能見の本の特徴は、芸能人や文化人、政治家、スポーツ選手などとのコネクションを利用して、個人的に血液型データを聞き出し、ちょうどスポーツ新聞か芸能週刊誌のような語り口で、それら有名人の生活ぶりやエピソードを交えて、面白おかしく書き、「何でも、血液型のせい」と思い込ませる点にある。

 美空ひばりや司馬遼太郎や石原慎太郎や王貞治の血液型を挙げ、その性格や運勢を論じているので、読者は自分の血液型がセレブのそれと一致していると知ると、思わず話に乗せられてしまう。これを心理学では「共感トリック」という。

 古川竹二はABO式血液型と気質との相関を本気で信じ、それを証明しようとして自己矛盾に陥り、社会的に批判されて破滅した。その説を甦(よみがえ)らせた能見正比古は、古川の轍を踏まないように、厳密さが要求される学問の分野には立ち入らず、もっぱら面白おかしく血液型と性格、人間の相性の話を本として書きまくった。

 能見はその後も、関連本を出版し、「血液型人間学」を広め、最後まで脳のシナプス回路を「ラジオの電気回路」とのアナロジーでとらえ、ABO式血液型物質が神経回路の特性を決めており、それが「性格」を規定すると主張しつづけた。

 また能見は血液型がB型で「B型は糖尿病につよい」という説を唱えていて、糖尿病を診断され空腹時血糖が240mg/dlもあるのに、自覚症状がないのをよいことに、無治療で放置していた。1981年、講演中に心筋硬塞におそわれ、「心臓破裂」というまれな合併症を起こして急死した。

 しかし、やがて「血液型・性格判定論は差別を生む」という社会的批判が起こり、それに直面して書いた遺著「血液型エッセンス」(廣済堂文庫)が息子の俊賢により1991年に出版された。巻末に「血液型十戒」が掲げてある。その第一条がなんと、「血液型で人の性格を決めつけてはいけない」である。20年以上も「血液型で人を決めつけた」本を売り、多額の印税を稼いだあげくにこの「十戒」だ…。能見本を買って信じた読者はコケにされたわけだ。

難波紘二(なんば・こうじ)

広島大学名誉教授。1941年、広島市生まれ。広島大学医学部大学院博士課程修了。呉共済病院で臨床病理科初代科長として勤務。NIH国際奨学生に選ばれ、米国NIHCancerCenterの病理部に2年間留学し血液病理学を研鑽。広島大学総合科学部教授となり、倫理学、生命倫理学へも研究の幅を広げ、現在、広島大学名誉教授。自宅に「鹿鳴荘病理研究所」を設立。2006年に起こった病気腎移植問題では、容認派として発言し注目される。著書に『歴史のなかの性―性倫理の歴史(改訂版)』(渓水社、1994)、『生と死のおきて 生命倫理の基本問題を考える』(渓水社、2001)、『覚悟としての死生学』(文春新書、2004)、『誰がアレクサンドロスを殺したのか?』(岩波書店、2007)などがある。広島大学総合科学部101冊の本プロジェクト編『大学新入生に薦める101冊の本』(岩波書店、2005)では、編集代表を務めた。

難波紘二の記事一覧

難波紘二
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆