>  >  > 東日本大震災でも身元特定の手がかりになった「法歯学」
シリーズ「最新の科学捜査で真犯人を追え!」第12回

歯型で個人を特定! 東日本大震災でも使われた「法歯学」の鑑定力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
歯型で個人を特定! 東日本大震災でも使われた「法歯学」の鑑定力の画像1

歯科治療のX線写真は3年間、保存されている(shutterstock.com)

 日航ジャンボ機墜落事件、東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件、阪神淡路大震災、東日本大震災……。

 この半世紀足らずの間に、日本人の記憶に深く刻まれて忘れられない大事故、凶悪犯罪、自然災害の爪痕が数多く残されてきた。このような不測の大事件や大災害が発生した時、原因の究明や犯人の逮捕とともに、まず急がれるのが被害者の身元確認だろう。

 遺体の身元確認の最も有力な決め手になるのは歯型だ。それはなぜか?

歯型は、被害者の人種、年齢、性別、血液型、経済状態を物語る

 歯の構造を見よう。歯は、エナメル質、象牙質、セメント質、歯髄などで構成されている。外側の白いエナメル質は、人体で最も硬く(モース硬度6~7、水晶と同程度の硬さ)、厚みは約2~3mm。外部刺激から歯の神経が通う歯髄を守っている。

 主成分は、ヒドロキシアパタイト(水酸化リン酸カルシウム)という無機質が約96%、残りの4%が水と有機物だ。

 エナメル質の下にある象牙質は歯の主成分。エナメル質を支え、歯髄を保護している。歯髄は、痛みを感じる、象牙質を形成する、栄養を供給する、炎症などの刺激を防御するなどの役割がある。歯の根元にあたる歯根の表面を覆っているセメント質は、歯根膜と呼ばれる結合組織を歯根につなぎとめている。

 歯は、硬度、強度がすぐれているため、死後年数が経過して骨が変質しても、原型を留めている。

 歯の治療を歯科医院や大学病院などで受けている人は少なくない。歯に関する情報は、歯科医院や大学病院が保存している歯の治療履歴、歯のカルテ、X線写真に残る。つまり、歯型には、歯科治療の痕跡が明瞭に残され、治療履歴を調べれば、個人の特定につながる。

 歯型を調べると何が分かるのか? たとえば、遺体の歯並びが良ければ、歯科矯正治療を行なっていることや、義歯のグレードから経済状態が分かる。とくに臼歯は加齢によって摩耗・破折するため、およその年齢を推定できる。象牙質・歯髄の細胞や歯石に残存した唾液から血液型や性別が判明する。上顎の第2切歯(中切り歯)などから顔貌が推測できる。歯槽骨をX線撮影すると特有の紋様が写る。

 つまり、歯や顎の大きさ・構造・損傷度などはすべて異なるので、個人を特定できるのだ。

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔