シリーズ「最新の科学捜査で真犯人を追え!」第5回

指紋、血痕、体液など肉眼で見えない痕跡を可視化! ALS(励起光源)の超透視力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kagakusousa007.jpg

指紋や血痕も浮かび上がる(shutterstock.com)

 人間の視覚も視力も、おのずから限界がある。

 だが、科学捜査に携わる鑑識課や科捜研は、スーパーテクノロジーを駆使して光学検査を進めている。最先端のオプティカル技術を集約したハイテク機器が、科学捜査用ライトのALS(Alternative Light Sources/励起光源)だ。

 ALSは、可視光線、赤外線、紫外線が出す光(電磁波)の周波数(355~900nm)を照射して、肉眼で見えない痕跡や証拠を可視化する光学検査システム。見かけは懐中電灯だが、光源にLED(発光ダイオード)を搭載したスグレものだ。

肉眼で見えない痕跡や証拠を“見える化”する光学検査システム

 どのような仕組みなのか?

 地球上に存在する有機物(生物が作る炭素原子を含む物質)は、電磁波、熱、摩擦などからエネルギーを受け取ると一定の周波数の光を吸収し、原子や分子をより高いエネルギー状態に移して発光するルミネッセンスという性質がある。たとえば、紅いリンゴ、黄色いバナナのように、物質の色が違って見えるのも、この現象だ。

 ルミネッセンスとは、物質がエネルギーによって励起され、受け取った特定の周波数の光を放出する現象。励起とは、原子や分子が外部からエネルギーを与えられると、エネルギーの低い状態からエネルギーの高い状態へと移る現象だ。

 つまり、特定の周波数の光を照射し、カラーゴーグルを使って不要な周波数の光をカットすると、肉眼で見えなかった指紋、血痕、体液、毛髪、繊維、打撲痕などの痕跡が鮮明に浮かび上がる、それがALSの光学検査なのだ。

偽札や偽造パスポートも見破るALS!

離島での事業継続と都市型のドミナント戦略の共存で急成長の訪問看護ST
インタビュー「訪問看護ステーション」後編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

前編『自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣』
訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営する河原峻氏に、今回は同社が進める離島での訪問看護事業、今後のビジョンなどについて話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛