シリーズ「最新の科学捜査で真犯人を追え!」第5回

指紋、血痕、体液など肉眼で見えない痕跡を可視化! ALS(励起光源)の超透視力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kagakusousa007.jpg

指紋や血痕も浮かび上がる(shutterstock.com)

 人間の視覚も視力も、おのずから限界がある。

 だが、科学捜査に携わる鑑識課や科捜研は、スーパーテクノロジーを駆使して光学検査を進めている。最先端のオプティカル技術を集約したハイテク機器が、科学捜査用ライトのALS(Alternative Light Sources/励起光源)だ。

 ALSは、可視光線、赤外線、紫外線が出す光(電磁波)の周波数(355~900nm)を照射して、肉眼で見えない痕跡や証拠を可視化する光学検査システム。見かけは懐中電灯だが、光源にLED(発光ダイオード)を搭載したスグレものだ。

肉眼で見えない痕跡や証拠を“見える化”する光学検査システム

 どのような仕組みなのか?

 地球上に存在する有機物(生物が作る炭素原子を含む物質)は、電磁波、熱、摩擦などからエネルギーを受け取ると一定の周波数の光を吸収し、原子や分子をより高いエネルギー状態に移して発光するルミネッセンスという性質がある。たとえば、紅いリンゴ、黄色いバナナのように、物質の色が違って見えるのも、この現象だ。

 ルミネッセンスとは、物質がエネルギーによって励起され、受け取った特定の周波数の光を放出する現象。励起とは、原子や分子が外部からエネルギーを与えられると、エネルギーの低い状態からエネルギーの高い状態へと移る現象だ。

 つまり、特定の周波数の光を照射し、カラーゴーグルを使って不要な周波数の光をカットすると、肉眼で見えなかった指紋、血痕、体液、毛髪、繊維、打撲痕などの痕跡が鮮明に浮かび上がる、それがALSの光学検査なのだ。

偽札や偽造パスポートも見破るALS!

除菌で虫歯と歯周病を予防する「3DS」~薬を塗ったマウスピースを5分間はめるだけ
インタビュー 口腔内を除菌して全身疾患を予防する「3DS除菌」② 鶴見大学歯学部・探索歯科講座 花田信弘教授/山田秀則助教

第1回:口腔内の雑菌は100億個以上~<除菌治療>が歯周病と生活習慣病を防ぐ!
虫歯や歯周病の原因菌が、生活習慣病を引き起こす発症リスクになることがわかっているため、今後は虫歯や歯周病を直接治療するだけに留まらず、「予防歯科」の必要性が近年ますます高まってくる。鶴見大学歯学部付属病院では、3DSという治療法を用いて、歯科治療のみならず、全身疾患の予防を目的に画期的な専門外科を開設している。

滋賀医科大学社会医学講座(法医学)教授、厚生労働…

一杉正仁

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛