シリーズ「最新の科学捜査で真犯人を追え!」第5回

指紋、血痕、体液など肉眼で見えない痕跡を可視化! ALS(励起光源)の超透視力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kagakusousa007.jpg

指紋や血痕も浮かび上がる(shutterstock.com)

 人間の視覚も視力も、おのずから限界がある。

 だが、科学捜査に携わる鑑識課や科捜研は、スーパーテクノロジーを駆使して光学検査を進めている。最先端のオプティカル技術を集約したハイテク機器が、科学捜査用ライトのALS(Alternative Light Sources/励起光源)だ。

 ALSは、可視光線、赤外線、紫外線が出す光(電磁波)の周波数(355~900nm)を照射して、肉眼で見えない痕跡や証拠を可視化する光学検査システム。見かけは懐中電灯だが、光源にLED(発光ダイオード)を搭載したスグレものだ。

肉眼で見えない痕跡や証拠を“見える化”する光学検査システム

 どのような仕組みなのか?

 地球上に存在する有機物(生物が作る炭素原子を含む物質)は、電磁波、熱、摩擦などからエネルギーを受け取ると一定の周波数の光を吸収し、原子や分子をより高いエネルギー状態に移して発光するルミネッセンスという性質がある。たとえば、紅いリンゴ、黄色いバナナのように、物質の色が違って見えるのも、この現象だ。

 ルミネッセンスとは、物質がエネルギーによって励起され、受け取った特定の周波数の光を放出する現象。励起とは、原子や分子が外部からエネルギーを与えられると、エネルギーの低い状態からエネルギーの高い状態へと移る現象だ。

 つまり、特定の周波数の光を照射し、カラーゴーグルを使って不要な周波数の光をカットすると、肉眼で見えなかった指紋、血痕、体液、毛髪、繊維、打撲痕などの痕跡が鮮明に浮かび上がる、それがALSの光学検査なのだ。

偽札や偽造パスポートも見破るALS!

妊活はシチュエーションを変えることも大事 不妊治療は愛情の確認から
インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第3回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

「非婚化」「晩婚化」と並んで、結婚した夫婦の間でも子どもができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏の診察室には、男性が原因で不妊となっている夫婦が数多く訪れる。なかでも近年、急速に増えているのが、挿入はできるけれど、女性の中で射精できない「膣内射精障害」だという。

Doctors Select

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫