シリーズ「最新の科学捜査で真犯人を追え!」第5回

指紋、血痕、体液など肉眼で見えない痕跡を可視化! ALS(励起光源)の超透視力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kagakusousa007.jpg

指紋や血痕も浮かび上がる(shutterstock.com)

 人間の視覚も視力も、おのずから限界がある。

 だが、科学捜査に携わる鑑識課や科捜研は、スーパーテクノロジーを駆使して光学検査を進めている。最先端のオプティカル技術を集約したハイテク機器が、科学捜査用ライトのALS(Alternative Light Sources/励起光源)だ。

 ALSは、可視光線、赤外線、紫外線が出す光(電磁波)の周波数(355~900nm)を照射して、肉眼で見えない痕跡や証拠を可視化する光学検査システム。見かけは懐中電灯だが、光源にLED(発光ダイオード)を搭載したスグレものだ。

肉眼で見えない痕跡や証拠を“見える化”する光学検査システム

 どのような仕組みなのか?

 地球上に存在する有機物(生物が作る炭素原子を含む物質)は、電磁波、熱、摩擦などからエネルギーを受け取ると一定の周波数の光を吸収し、原子や分子をより高いエネルギー状態に移して発光するルミネッセンスという性質がある。たとえば、紅いリンゴ、黄色いバナナのように、物質の色が違って見えるのも、この現象だ。

 ルミネッセンスとは、物質がエネルギーによって励起され、受け取った特定の周波数の光を放出する現象。励起とは、原子や分子が外部からエネルギーを与えられると、エネルギーの低い状態からエネルギーの高い状態へと移る現象だ。

 つまり、特定の周波数の光を照射し、カラーゴーグルを使って不要な周波数の光をカットすると、肉眼で見えなかった指紋、血痕、体液、毛髪、繊維、打撲痕などの痕跡が鮮明に浮かび上がる、それがALSの光学検査なのだ。

偽札や偽造パスポートも見破るALS!

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真