シリーズ「最新の科学捜査で真犯人を追え!」第10回

荷物の中身を透視する「テラヘルツ波」、眼に見えない筆圧を映し出す「静電検出装置」

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
10160-2.jpg

眼に見えない筆圧を映し出す(shutterstock.com)

 このシリ—ズでは、以前に科学捜査用ライトのALS(Alternative Light Sources/励起光源)を以前に紹介した。ALSは、可視光線、赤外線、紫外線が出す光(電磁波)の周波数(355~900nm)を照射して、肉眼で捉え切れない痕跡や証拠を可視化する最先端のオプティカル検査システム。

 つまり、ALSは、裸眼で見えない指紋、血痕、体液、毛髪、繊維、打撲痕などの痕跡を「見える化」する技術だ。

 一方、密封された荷物や郵便物の中身を透視するのがテラヘルツ波だ。テラヘルツ波は、1秒間に1兆回(周波数100GHz〜100THz)も振動する電磁波(波長3mm~30μm)。光と電波の両方の性質があるため、直進性、透過性、浸透性という特性を兼ね備えている。

 この特性を活かしたテラヘルツ波は、X線と同じように紙、ガラス、ビニールなどを透過しやすい。たとえば、郵便物に紛れ込んで密輸された麻薬や覚せい剤などの違法薬物を開封せずに探知したり、紙幣やICカードの内部構造を分析し、偽造物を識別したりできる。テロ犯罪の予防や偽造犯罪の摘発の切り札だ。

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇