イーグルスのグレン・フライさんの命を奪った「関節リウマチ治療薬」による副作用の危険

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フライさんが併発した潰瘍性大腸炎は、リウマチと同様、自己免疫性の疾患である。これは厚生労働省が指定する難病で、大腸の粘膜に炎症を起こし、びらんや潰瘍ができるというもの。症状には腹痛、軟血便、下痢、発熱に食欲不振などといったものがあり、患者数は約12万人である。原因は不明で、完治は不可能。症状を止めても、再燃の恐れはのちにある。

 ちなみに安倍晋三首相の持病としても知られていて、彼はこの病気が原因で、2007年に一度、内閣総理大臣の職を辞している。その後、アサコールという「特効薬」のおかげで持ち直し、2012年に首相に返り咲いたのはご存知の通り。

 関節リウマチにしても潰瘍性大腸炎にしても、直接の死因にはならない。では実のところフライさんの死因はなんだったのだろうか? バンドのマネージャーであるアービング・アゾフさんはフライさんの死について下記のように語っている。

 「彼は15年以上、慢性関節リウマチを患っていました。膝から腕、関節という関節が傷つけられていた。潰瘍性大腸炎と肺炎はすべてその副作用でした。あまりにも早く逝ってしまった」

 ただし、服用していた薬が何であったかは、弁護士の助言により明かしてはいない。

 肺炎は、細菌やウイルスなどが肺胞に感染し炎症を起こすものだ。日本とアメリカ、両国でも、がん、心疾患に次ぐ主要な死因として知られている。この病気で亡くなる者は65歳以上がほとんどである。フライさんの冥福を祈りたい。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆