あなたの “ちょっと一服”が、愛しのペットに大きなダメージをもたらす!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ペットが受ける副流煙の影響は、ヒトの数倍以上と考えられている。体のサイズが、成人とは決定的に違うため、ダメージの大きさは深刻だ。大型犬よりも、小型犬や猫、その他の小動物の方が悪影響は大きい。これは、人間の子どもにも、同じことがいえる。

 理由は、まだある。副流煙に含まれる有害物質は重量があり、喫煙者から吐き出された後、地面に向かって集積していくことだ。つまりペット、とくに人間よりも明らかに地面に近い位置で呼吸をしている犬は、有害物質を吸い込む確率が高まるのだ。

 臨床の獣医の多くは、普段から一般家庭のペットと接する中で、喫煙家庭のペットは、呼吸器系、循環器系、皮膚疾患、アレルギー体質などの症状の発生頻度が高いと感じている。また、副流煙にさらされる生活環境では、治療効果もかんばしくないことも実感している。

タバコそのものを口にする事故の怖さ

 タバコの被害は、受動喫煙にとどまらない。タバコそのものをペットが口にする事故は、もっとも怖い。吸うよりも食べてしまった方が、ニコチンを直接摂取することになり、体に甚大な被害をもたらす。何でも口にしてしまう子犬や、好奇心旺盛なペットなど、タバコの誤飲事故は、枚挙にいとまが無い。

 急性ニコチン中毒の主症状は、嘔吐、下痢、痙攣、流涎(よだれ)、呼吸困難、興奮などが挙げられる。摂取量や、対処次第では、死に至ることもある。処置が有効なのは、摂取後1〜2時間とされており、誤飲してしまったらすぐに動物病院へ駆け込むぐらいのスピード対応が求められる。

 2020年に向けた喫煙規制のムーブメントの中、動物愛護の観点でも、受動喫煙のリスクへの意識が高まることを期待したい。
(文=編集部)

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇