シリーズ「子どもの心と体の不思議のサイエンス!」第15回

赤ちゃんは「歩行」ができるようになると、独立心も自我も芽生える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 不思議なことに、歩行が始まる時期と言葉を話し始める時期はほぼ一致している。歩行は、赤ちゃんの独立心や自我の芽生えそのものだ。

 歩行が始まると、好奇心が旺盛な赤ちゃんは、行動範囲が広がり、思い通り行動できることを学ぶ。周囲の環境にますます興味をもつ。知りたいこと、見たいこと、聞きたいこと、伝えたいことが膨らんでくる。抑えがたく熱く強く逞しい欲求が赤ちゃんの心と体にみなぎってくる。

 その瞬間、閃くように言葉が生まれる。歩行は、行動エリアを広げ、お父さんやお母さん、自分を取り巻く世界との距離を一気に縮める。そして、言葉は、赤ちゃんが初めて体験する世界と自分を確実につなぐ最高のコミュニケーション手段になる。家族と言葉を交わし合い、ふれ合いながら、赤ちゃんの話す能力は、どんどん育まれていく。

 歩行は、赤ちゃんにとって、心と体が大きく成長する一大レボリューション、人生最高のイベントなのだ
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆