シリーズ「子どもの心と体の不思議のサイエンス!」第14回

運動機能の発達に欠かせないハイハイは、赤ちゃんの世界を大きく広げる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 気をつけて見ていると、「ずりばい」の時は、呼ばれても知らんぷりしている。ところが、膝を付くハイハイや「高ばい」ができるようになると、「○○ちゃん、こっちにおいで!」と呼ばれれば、ハッと我に返って近づいてくる。

 この時期になると、お母さんと自分の距離感が分かるようになるので、安心できる距離を保とうとするからだ。お母さんが自分から離れると、慌てて後を追っかけたり、独りになると不安になって泣き出したりする。

 名前を呼ばれた時、お母さんが遠い場所でも、ハイハイできそうな距離なら血相をかえて向かって行こうとする。これは、お母さんとの距離感を理解して行動している何よりの証拠だ。もっとも、赤ちゃんとお母さんの距離感は、赤ちゃんの成長の度合やコンディションで多少は変わるだろう。

 「ハイハイで行ける距離なら行きたいよ!」。赤ちゃんは、ハイハイで自分の視野や行動範囲が広がって行くのを楽しんだり、喜んだりしている。ハイハイは、赤ちゃんの運動機能の発達に欠かせない。あんよ(歩行)のための予行練習だが、ハイハイできないと、あんよ(歩行)が遅れることはない。いずれにしても、赤ちゃんは、お母さんとの距離が遠くなると、とても不安になる。わざと姿を隠したりしないでね。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆