恐怖映画を観ると「血が凍る」は事実! 危険な状況下での失血に備える身体反応!?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「いってみれば、ホラー映画は精神の血抜きをする床屋のようなものだ」と書いたのは、あの『シャイニング』などで知られるホラー小説の巨匠スティーヴン・キング氏だ。彼の稀なノンフィクション本『死の舞踏』(安野玲・訳)にはこんな言葉もある。「ホラー映画は奇形を讃えているわけではない。奇形についてくり返し語ることによって健康と生命力(エネルギー)を讃美する」、けだし名言。今回の実験結果も健常人の証しだろう。

 また、究極のサバイバル映画『127時間』(2010年作品)の試写会で失神者が続出した際、現地の神経科部長がこんな談話を残している。

 「映画を観て失神する人は、献血の際などにも失神経験のある人も多いんだ。似たような反応は自然災害など極度のストレス下でも起こり得るし、重要な臓器にアドレナリンのような化学物質が放出される。しかも短期的かつ大量に放出されると心拍のリズムがおかしくなり、死に至る場合もあり得るよ」

 今回のオランダでの実験では、双方の鑑賞例でも「その他の血餅をつくるタンパク質(=トロンビン-アンチトロンビン複合体、Dダイマーなど)に対する影響は見られなかった」と報告されている。つまり“恐怖”は血液凝固のきっかけにはなるものの、血栓などを形成する原因にはならない事が示唆されたというわけだ。

 Nemeth氏らはこう結論づけている。「われわれが突然の恐怖に直面した時の血液凝固反応は、危険な状況下で失血した場合に備えて、身体を準備させるものなんです。そういうかたちで進化上、重要なベネフィットがあったと考えられます」

 しかし、血友病患者の止血方法は未だに開発途上である……。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆