お笑い芸人・安村さんが「安心できません」! 悩みの“めまい”は最悪は死に至ることも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ほかには、脳の異常が原因で起こるめまいがある。これは浮動性(非回転性)のめまいの場合が多い(これだけでは判断できないので必ず医療機関を受診すること)。この場合、めまいのほかに手先のしびれなどの合併症状があることが多い。そのような種類のめまいを感じたら、脳梗塞などの可能性も考えて、神経外科や神経内科を受診すると良い。

 肩こりがひどいときに頭痛が起こることがあるが、それに伴いめまいの症状が出ることがよくある。その場合の原因は、頸部や頭部の筋肉の過度の緊張によって起こっている可能性が高い。治療法としては、首を温めて血流を改善させたり、軽くマッサージすることで軽減する可能性がある。

 そのほかにも、高血圧や立ちくらみ伴うめまいや、ストレスや睡眠不足で起こるめまいもある。

 このように、「めまい」といっても多種多様だ。原因となれば、肩こりから心理的要因まで多岐にわたり、診断がとても難しいとされている。逆に原因がわかれば、対処できることが多い。そこで、もしめまいを感じたら、軽く考えずに、めまいの種類、頻度、発生状況などをなるべく自分で把握するように努めよう。その情報を医療機関に伝えることで、正確な診断の助けになる。それが結果的に、良好な治療結果を生むことになるはずだ。
(文=編集部、監修=三木貴弘)

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫