タレントのおかもとまりさんが“肩こり”頭痛で救急搬送! 緊張性頭痛が増えている?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 緊張型頭痛の原因は複雑だが、一番関連が強いのは「姿勢」だと考えられている。デスクワークが続くと、肩周りの筋肉が過度に緊張してしまい、肩こりと同じようなメカニズムで緊張型頭痛が起こる。

 近年増えているのが、パソコンやデジタルデバイスの使用による負担が原因の頭痛だ。ディスプレイを見つめていると、同じ姿勢を続けてしまいがちだ。そして、「眼」の動きも乏しくなる。ディスプレイを注視していると、眼の筋肉が固まり、それによって頭痛が引き起こされることがある。

 また、最近の研究によると、緊張型頭痛は、睡眠不足、ストレスなどの社会心理面と強い関連があることも明らかになってきている。

緊張型頭痛を防ぐには眼球運動も

 緊張型頭痛を防ぐには、まずは肩周りの筋肉が緊張しないように定期的に運動をしたり、姿勢をリセットすることだ。眼も同様である。

 「眼を動かす」というのは、あまり馴染みがないかもしれない。効果的なのは、頭を固定して、円を描くように視線を動かす方法。眼の緊張を防ぐことができる。また、こめかみあたりをマッサージするのもいいだろう。加えて、ストレスや睡眠不足の自己管理も大切だ。

 緊張型頭痛が起きるメカニズムは複雑だ。デジタルデバイスを多用する人は、カラダだけでなく「眼のストレッチ」も心がけることが、予防・改善の鍵となることをお忘れなく。
(文=編集部、監修=三木貴弘)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆