シリーズ「頻尿と頻便と頻脈のサイエンス」第1回

底冷えの冬こそ注意! 夜中に3回以上トイレに起きる「夜間頻尿」は寿命を左右する!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 就寝中に何回トイレに行くのだろうか? 40歳以上の男女約4500万人は、夜間1回以上。3回以上トイレに起きる夜間頻尿は、60〜70代では男性の30%、女性の15%だ。

 夜間頻尿は、夜間の尿量が多くなる夜間多尿、少量しか膀胱に溜められなくなる膀胱容量の減少、眠れない睡眠障害などが原因で起きる。

 夜間多尿は、水分の摂り過ぎのほか、糖尿病、高血圧、うっ血性心不全、腎機能障害、睡眠時無呼吸症候群などが誘因になることが多い。

 膀胱容量の減少は、過活動膀胱、前立腺炎、膀胱炎などで膀胱が過敏になるために起きる。過活動膀胱は、パーキンソン病などで膀胱のコントロールが効かなくなり、少量の尿が溜まると膀胱が勝手に収縮する病気だ。脳卒中や前立腺肥大症の排尿障害によって、膀胱が過敏になっても発症する。膀胱の老化現象が多いが、原因が不明の場合も少なくないので、年齢性別を問わず要注意だ。

 睡眠障害は、眠りが浅くすぐ目が覚めてしまうために、目が覚めるごとに気になってトイレに行く症状だ。

 20〜30代でも必ず夜中にトイレに行く人は、眠っている間に呼吸が止まる睡眠時無呼吸症候群(SAS/スリープ・アプニア・シンドローム)の可能性がある。睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中の無呼吸(10秒以上の呼吸の停止)による酸欠状態が1時間に5回以上発生し、昼間の眠気など様々な症状を伴う病気だ。

 また、夜中のオシッコは、日中よりも尿量が少ないのが普通だが、糖尿病、心臓病、腎臓病などのリスクファクターが高まると、尿量が増えるために、夜間頻尿になりやすい。

 順天堂大学の堀江重郎教授によれば、北欧の高齢者グループを4年間追跡調査したところ、夜間頻尿の人は、そうでない人よりも約2倍も死亡率が高かったという。夜中にトイレに行く回数が少ないほうが長生きしやすい、つまり、夜間頻尿は寿命に関連する事実を示すひとつのデータだ。

 オシッコと病気の因果関係は、実に多様だ。夜間頻尿だけでなく、自分の意思とは関係なく漏らす尿失禁のほか、尿道が緩くなる尿道括約筋不全、前立腺が大きくなって尿道を圧迫する前立腺肥大症など、さまざまな排尿機能障害がある。オシッコは、動脈硬化、糖尿病、高血圧、うつ病、ストレスなどとの関連が深いことが分かっている。

 「転ばぬ先の杖」と言う。夜間頻尿や尿失禁は、重大な病気のサインかもしれない。オシッコの状態が少しでも気になるなら、泌尿器科を必ず受診してほしい。
(文=編集部)

【参考文献】毎日新聞・医療プレミア「Dr.堀江重郎の健康羅針盤/オシッコの回数と寿命の関係」2015年11月2日

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆