連載「最新の“美容医療”の世界にようこそ」第1回

“美容医療”の世界が変わる! 豊胸、若返り、薄毛治療などに最新の再生医療を導入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 これまで美容医療を検討されたことのない方や、かかったことのない方にとっては意外に感じられるかもしれませんが、来院される患者さんの多くはごく普通の日常を送っています。企業にお勤めの方、OL、主婦の方などが、「ここが気になるのだけれど何かできますか?」とご相談にいらっしゃいます。もちろん「長年のコンプレックスを解消して、新しい私に生まれ変わりたい!」と一大決心をされてくる方もいらっしゃいますが。

 以前に比べても、美容クリニックの敷居は低くなっていると実感しています。そのため、カウンセリングでは患者さんの悩み以外に、美に対する嗜好やときに生活環境なども含めてじっくりと話しをうかがいます。美容という、人によって求める完成形が異なり、ときに漠然としがちな要望について、プロとして的確な判断や提案をするためです。

 私たちのクリニックでは、美容医療に再生医療の技術を積極的に応用しています。豊胸術や若返り、薄毛治療で再生医療を用いた治療が行われ、その成果は海外の学会で発表されたり医学論文としても発表されています。

 こうした着実な技術進歩により、手術後の負担は軽くなり、メスを使わない治療やプチ整形と呼ばれる手軽な治療が増えたことからも、“見た目をよくして、心身ともに快適な日々を送るための医療”としての「美容医療」の価値は、今後も一層高まっていくのだと捉えています。


伊藤康平(いとう・こうへい)

聖心美容クリニック東京院院長。日本美容外科学会(JSAS)専門医、日本美容外科学会(JSAPS)会員、日本美容外科医師会会員、日本外科学会専門医など。冷静・的確なカウンセリングや美容外科医としてのセンス、技術に定評。年代を問わず幅広い支持を受けている。趣味は車やスキー、オーディオなどの電化製品、料理、熱帯魚観賞と幅広く。
聖心美容クリニック www.biyougeka.com

伊藤康平の記事一覧

伊藤康平
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆