>  >  > ジュニアとサカナクションを悩ます突発性難聴とは?

不治のサカナクション・山口一郎、完治の千原ジュニア。明暗を分けた突発性難聴とは!?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 いきなりの39度7分の高熱に救急を訪れたジュニア、「ストレスが原因ですね」と診断され、翌日には平熱に戻ったそうだが、「いまだに右耳がね、聴こえにくいんですわ。ええ、(同居を始めた)2週間前ぐらいから…」と苦笑告白した。

 その病名を「突発性難聴」と具体的に明かしたのはその3日後、木曜レギュラーとしてTBS系情報番組『ビビット』に生出演中のこと。

 やはり新婚仲間で司会の国分太一から「ストレス…(原因は)結婚ッスか!?」と笑って突っ込まれるや、「いやぁ~、それはどうか判らんですけれども、ハイ」と否定も肯定もしなかった。が、かねてから相手に望む潔癖症的条件の細かさが問題視され、「結婚に向かない筆頭芸人」としてネタにされてきたジュニア。本件も新婚秘話として少し話を盛れば十分「すべらない話」のネタになりそうな軽症で済んだようだが、不治の病と化した山口一郎との明暗はくっきり。

 以前の発症中心層(40~50代女性)から近年は性差や年齢を超えて男性層も増加傾向にあるものの、適切な処置を取れば「再発しない」とされる突発性難聴のワナを逃れた。が、男性では大友康平、氷室京介、宮本浩次、スガシカオ、女性でも相田翔子や浜崎あゆみら、「あわやベートーベンの運命が…」と突発性難聴の過去を公表している音楽陣は意外と多い。診断を聞き逃すのは禁物だ。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆