出生率アップのカギは「恋愛予備校」、「スマホ老眼」急増など~注目のニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 厚生労働省が、「ニコチン依存症」治療の保険対象に20代の患者も含めるかを検討している。ニコチン依存症は、タバコのニコチンが切れるとイライラしてタバコを吸いたくなる。従来の禁煙は意志の強さが求めてきたが、処方薬の登場によって治療の成功率は飛躍的にアップ。禁煙外来を掲げる医療機関も増えた。

 2006年度から診療には保険が適用されるようになったが、対象は1日の喫煙本数と喫煙年数をかけた指標が200以上の患者に限られている。そのため、厚労省によると20代の依存症患者の約8割が対象外になるという。

 保険適用なら患者の自己負担は原則3割。厚労省は将来の医療費削減につながるとして、10月21日の中央社会保険医療協議会(中医協)で提案した。

 その一方で、選挙権年齢を20歳から18歳以上に引き下げる改正公職選挙法の成立を受け、与党・自民党の成年年齢に関する特命委員会は、飲酒、喫煙の解禁年齢も18歳に引き下げるよう政府に求める提言案を示した。

 さすがに、取りまとめを目指した会合では異論が噴出し、了承を見送り提言案を作り直すことになった。そもそも、こうした内容が原案に盛り込まれること自体がナンセンス。何をかいわんやだ。政府は財政再建という錦の御旗を振りかざし、社会保障費の削減を進めており、議論の浅はかさを感じる。
(文=編集部)

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇