頑固な肩凝りなどの不調の原因は、いま話題の“筋膜”にある?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 筋膜のケアは「そのネジレや癒着を取り除く」ということになる。筋膜のネジレや癒着をとる方法はいろいろあるが、自分で行える簡単な方法は道具を使うことだ。

 筋膜はがし(リリース)を行う専用の道具は、アマゾンなどで売っていが、それを使わなくてもテニスボールなどでも代用可能だ。テニスボールを筋膜が硬くなっている(凝り)と思われる部分に押し当てて、ゆっくりと圧をかけながら筋膜をはがしていく。筋膜の癒着が改善され、滑走性がよくなる。ぜひ試してほしい。

 あなたの身体の不調は、もしかしたら筋膜にあるかもしれない。この機会に筋膜に着目してみるのも良いのではないだろうか。
(文=編集部)

監修=三木貴弘(みき・たかひろ)
理学療法士。日本で理学療法士として勤務した後、豪・Curtin大学に留学。オーストラリアで最新の理学療法を学ぶ。2014年に帰国。現在はクリニック(東京都)に理学療法士として勤務。一般の人に対して、正しい医療知識をわかりやすく伝えるために執筆活動にも力を入れている。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆