真っ白な歯を見せてキラリと微笑む羽生結弦の“ゆづスマイル”に釘付け、必見! 新キシリトールCM

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 まずは、摂取し過ぎると下痢を引き起こす。歯に良いからと、一日中キシリトールのガム噛む必要は無く、研究データでは1日5粒のガムで、虫歯予防の効果があるとされた。さらに、市販の物の中には、キシリトールと謳ってはいるものの、砂糖が多めに使われていたりすることも多く、その含有量もチェックが必要だ。キシリトールは虫歯を治療してくれると、思い込んでいるひともいるようだが、キシリトールに虫歯治療の効果は無い。キシリトールはあくまでも予防のひとつであり、毎日の歯磨時にその効果を高める補助的な成分だ。

 さらに、人間には有効なキシリトールだが、犬や猫には危険な食べ物なので、放置しておかないように注意したい。

 キシリトールガムをかんでいれば“ゆづスマイル”が手に入るわけではないが、美しい歯であることにこしたことはない。きちんと歯磨きをして、羽生選手に微笑んでもらえるように、丈夫で美しい歯を目指そう!
(文=編集部)

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫