真っ白な歯を見せてキラリと微笑む羽生結弦の“ゆづスマイル”に釘付け、必見! 新キシリトールCM

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 まずは、摂取し過ぎると下痢を引き起こす。歯に良いからと、一日中キシリトールのガム噛む必要は無く、研究データでは1日5粒のガムで、虫歯予防の効果があるとされた。さらに、市販の物の中には、キシリトールと謳ってはいるものの、砂糖が多めに使われていたりすることも多く、その含有量もチェックが必要だ。キシリトールは虫歯を治療してくれると、思い込んでいるひともいるようだが、キシリトールに虫歯治療の効果は無い。キシリトールはあくまでも予防のひとつであり、毎日の歯磨時にその効果を高める補助的な成分だ。

 さらに、人間には有効なキシリトールだが、犬や猫には危険な食べ物なので、放置しておかないように注意したい。

 キシリトールガムをかんでいれば“ゆづスマイル”が手に入るわけではないが、美しい歯であることにこしたことはない。きちんと歯磨きをして、羽生選手に微笑んでもらえるように、丈夫で美しい歯を目指そう!
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆