「9日間飲まず食わず眠らず」の修行を達成した住職!人間の身体の限界とは?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
new_danjiki001.jpg

photo by PIXTA

 10月21日未明、天台宗の比叡山延暦寺に伝わる荒行「千日回峰行」に挑んでいたの善住院の住職、釜堀浩元さんが、最後の難行とされる9日間の「堂入り」を無事に終えました。戦後13人目で、平成19年以来8年ぶりとのことです。釜堀さんは、生理学的に9日間の「絶水」「絶食」「絶眠」に耐えられるように、数年間をかけて極限環境に適応した身体にした後、山中のお堂に籠もったといいます。

 ここでは、生物の生理学的な面から「絶水」「絶食」「絶眠」の限界について見ていきましょう。

人間は毎日どのくらの水を必要としているのか?

 人間の体重のおよそ70%は水です。体重70kgの人なら、約50リットルの水が体内にあります。その構成は、約3分の2が細胞内液にあり、4分の1が細胞間液、残りの12分の1が血漿の中にあります。

 人間は水なしでは6日間以上、生きられません。成人なら1日に2000〜2500mlの水を摂取しなければなりません。体中の水は、血液として体内を駆けめぐっていたり、細胞間を行き来したり、内臓や骨を作ったりして、常に動いています。また、体内を動いているだけでなく、さまざまな方法で体外に出てもいます。

 私たちは、息を吐くときに、肺から常に水分を出しています。肺や気道は常に湿っていて、この水分は呼吸によって、1日に約400mlも失われています。また、汗をかくことで水分が失われます。汗をかく量は周辺環境などによって大きく変動し、例えば1時間に1500mlもの汗をかく場合もあります。さらに、尿や便の排出があります。健康な人の尿からは約1200ml、便からは約100mlの水分が排出されます。つまり、合計すると1日に2300mlもの水が体外に排出されていることになります。

 一方、水分の摂取はどうしているか? 人間は食事によって1日に約600mlの水を補っています。また、体内で食べものを分解しエネルギーに変えるときの化学反応によって水分が生成されます。これを「代謝水」または「燃焼水」といいますが、この水が1日に200ml。これに加えて1日に1500mlの水を飲めば、失われた水を回収することができます。ただし、汗をかいた場合はさらに多くの水分を補う必要があります。

 絶食しても水さえあれば1ヵ月以上生き延びられた人もいますが、水が1滴もなければ、たいていは1週間と生きられません。体内で生成した老廃物を排泄しなければならない不可避尿は1日約500ml。随意尿と合わせると1日約1200〜1500mlの尿を排泄することになります。つまり、その分の水を摂取しないと人間は生きていけません。

どれだけ絶食できるか?

部下や同僚が「うつ病」になったら? リワークのプログラムの提供施設は全国200以上に拡大
インタビュー「職場でのうつ病の再発を防ぐ」秋山剛医師(NTT東日本関東病院精神神経科部長)

第1回:「障害」が疑われる人の<うつ休職>
第2回:「新型うつ」はどう治す?
第3回:部下や同僚が「うつ病」になったら?
うつ病で休職中の社員が、毎日決まった時間に病院に通い、同じうつ病の仲間とともに再発を防ぐためのプログラムを受けることが「うつ病のリワーク」と呼ばれ注目を集めている。

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

東京慈恵会医科大学眼科学講座准教授。1986年、…

高橋現一郎