皇后・美智子さまが「心筋虚血」で精密検査! 症状がなくても40歳からは定期検診を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
michikosama.jpg

平成27年1月2日の一般参賀にお出ましになられた天皇皇后両陛下(写真=宮内庁HPより)

 8月9日午後、東京大学付属病院で冠動脈のCT検査を受けられた皇后・美智子さま。今年の6月末頃から胸の痛みの症状があり、心電図検査の結果、「心筋虚血」と呼ばれる冠動脈の血液の流れが滞る疾患の疑いがあることが分かっていた。今回の検査は、それを受けてのことだ。

 検査の結果、冠動脈の3本のうち2本の一部に動脈硬化が原因と見られる軽度の狭さくが見られた。ストレスなどで血管が一時的に収縮して、狭さくが生じている可能性が考えられるという。宮内庁は「これまで通りの日常生活を送りつつ、激しい運動はもちろん、強いストレスを避けるよう過ごされる」と発表した。

 冠動脈は心臓を取り囲むように存在する3本の動脈で、心筋に酸素や栄養を送る重要な働きをしている。この冠動脈の血流が悪くなると、心臓に酸素を供給できなくなる。このような「心筋虚血」は、動脈硬化が進んで動脈が狭くなることや、完全に詰まることが原因で起きる疾患だ。狭心症や心筋梗塞にもつながる。

症状のない「心筋虚血」もある

 心筋虚血には症状のないタイプもある。心筋梗塞が発症した後や狭心症がある場合にも、この"無症状"の心筋虚血が起き得るという。そして怖いのは、これまで狭心症や心筋梗塞とは無縁だった人にも起きるということだ。

 無症状ゆえに、どれくらいの人が患っているのか統計は取りづらいが、秋田大学医学部第2内科の三浦傳教授の監修によるテキストによれば「狭心症の自覚がない日本人の2~3%に、無症状の心筋虚血が見られる」という。つまり、胸の痛みなどの症状がなくとも、心筋虚血が起きている可能性もあるというわけだ。

 特に糖尿病を患っている場合、動脈硬化が進みやすいため心筋虚血のリスクが3~4倍高まるという。糖尿病は神経障害の合併症もあるため、痛みに気づきにくいという点も恐ろしい。

突然死のリスク......無症状では回避しようがない!?

<和温療法>は医療の基本 女性の更年期障害・不定愁訴を大幅に改善
インタビュー「性差医療をめぐって」第3回 静風荘病院・天野恵子医師

「性差医療」のパイオニアである天野恵子医師(静風荘病院・埼玉県新座市)へのインタビュー第3回は、現在、天野医師が最も注目している療法のひとつである「和温療法」について伺う。
第1回<性差医療>っていったい何? 心筋梗塞や動脈硬化でも男女で症状に違いがある!
第2回 全国の「女性外来」の共通のモットーは「紹介状は不要」「症状は問わない」「初診に30分かける」」

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘