皇后・美智子さまが「心筋虚血」で精密検査! 症状がなくても40歳からは定期検診を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 通常、心臓からくる突然死の場合、心筋梗塞や狭心症など、そもそも何らかの心疾患をきたしていたというイメージがある。ところが、そうとも限らない。元気で生活していたのに、急に心筋梗塞を起こしたり、突然死に至ることもある。

 三浦教授の監修テキストによれば、検査を受ける目安としては「生活習慣病リスクが高い」「高血圧や高脂血症「糖尿病」「肥満」「喫煙」などに2つ以上該当した時点。心当たりのある人は、睡眠不足や不規則な生活リズム、喫煙や過度な飲酒、強いストレスをためこむ、急激な運動や温度変化などには十分注意したい。

 特に自覚のない人でも、危険因子を持っている可能性はある。やはり、普段の生活から動脈硬化の予防に努めたい。血液をサラサラにする「ナットウキナーゼ」を含む納豆、レモンや梅干し、酢などに多いクエン酸、青魚に含まれる「DHA」などを意識的に摂取しよう。また、適度な運動にも心がけ、無用なリスクは自ら遠ざけよう。

 美智子さまのように、強い精神的ストレスによっても動脈硬化のリスクは上がる。ストレスが加わると、交感神経が活発になり、脈が速くなったり、血圧が上がったりと心臓に大きな負担がかかるためだ。こうなると、心臓には多くの酸素が必要になるが、血液の供給が追い付かないと酸素不足になってしまう。美智子さまのように、冠動脈が一部狭くなっている状態はリスクが高い。

 日本でも死因の上位となっている心臓病、その8割近くは虚血性心疾患。一見健康そうにみえる人も襲う恐ろしい病気だ。危険因子がなくても心臓病の早期発見のために、40歳を過ぎたら年1回、定期的な検診を受けることを勧めたい。 
(文=編集部)

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫