糖質制限食「ローカーボ」もグルメ志向に! ダイエットや糖尿病治療などで注目

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レストランやファーストフードでも、低糖質メニューを提供しはじめている。例えば、モスバーガーの「菜摘」シリーズは、その代表といえる。菜摘とは、従来のバンズの代わりにレタスを利用したもので、パティやトマト、細切りレタスを挟んだもの。特に「糖質制限」と名打っているわけではないが、糖質制限を実施する人たちの間では、人気を博しているという。

 一般的なレストランや専門店でも、糖質制限グルメを提供する動きがある。たとえば、西武百貨店渋谷店にある「ナチュラルダイエットレストランNODO」は、ダイエットメニューを提供するレストラン。全部食べても、わずか500kcalというコースメニューもある。カロリーを気にしている人は、一度試してみたくなるだろう。

 他にも、糖質制限アレンジコースがプラス1000円で楽しめる銀座のフレンチバーや、糖質制限ランチやディナーの楽しめるイタリアンレストラン、低糖質メニューのある中華料理店など、幅広いジャンルで美味しく楽しめるようになった。

 また、糖質の少ない小麦部分を利用した「ふすまパン」の専門店「FUSUBON」(オンラインショップ)も、糖質制限食を実践する人々の間では有名だ。

 パンはGI値が高い食品だ。「GI値」とは「グリセミック・インデックス(Glycemic Index)」の略で、その食品が体内で「糖」に変わり血糖値が上昇するスピードを計ったもの。糖質を避けるには筆頭の食品だが、ここなら大丈夫。クリームチーズやナッツなどの味付けもバラエティー豊かで、舌の肥えた人も満足できるクオリティとなっている

 いまや、低糖質食もグルメ志向の時代。糖質制限食が注目され始めた、草創期の「選択肢が少ない、地方では購入できない、お店がない......」という状況から考えれば、食事の楽しみも増えた。糖質制限は一過性のブームにとどまらず、健康志向の高い人々から支持され続ける"スタンダード"となるかもしれない。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆