「24時間テレビ ドラマスペシャル」の軌跡を振り返ると見えてくるものとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 さらに控えるテーマが障害だ。交通事故で下半身付随になった高校生が車いすバスケットボールに出会い、生きる希望を見出す青春ドラマ「勇気ということ」(第20回/1997年)視聴率26.3%は歴代2位。

 友情と恋に悩む高校生が下半身不随の友人を助けるために様々なアルバイトを経験する「心の扉」(第21回/1998年)。

 直後に交通事故で下半身付随になった夫と妻が紡ぐ心温まる愛情物語「ふたり 私たちが選んだ道」(第26回/2003年)。

 脊髄損傷による下半身不随で車イスの生活を送る青年の愛と成長のストーリー「車イスで僕は空を飛ぶ」(第35回/2012年)などなどなど。

 そして、原爆症、ALS 、筋ジストロフィー、風疹聴覚障害、緑内障、拡張型心筋症、CIDPなど、難病や奇病を克服しようと生きる人たちも描かれる。

 24時間という長いプログラムに挿入される感動のスペシャルドラマは、どうしても感動を引き出さなければならない。「がん」「介護」「障害」「難病」のお決まりのローテーションで予定調和的につむぎだされるドラマに今年も視聴者は涙するのだろうか。

 あなたはどうしても"こんな時だけ?"感が拭いきれない派?、それとも"こんな時だからこそ!"派?
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆