肥満でなくても1日1杯で危険! 砂糖入り飲料で糖尿病リスクが上昇!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人工甘味料や果汁に代えても予防にはならない!


 その結果、「砂糖入り飲料」を1日あたり1杯多く飲むごとに、2型糖尿病を発症するリスクが18%上昇することがわかった。さらに肥満という因子を取り除いて補正しても、相対リスクの上昇は13%に及んだ。

 「人工甘味料入り飲料」では、1日1杯ごとの相対リスク上昇率は25%となり、肥満で補正した後は8%まで低下した。一方、果物ジュースの相対リスク上昇は5%。肥満で補正した後は7%に上昇した。

 さらに2010年から向こう10年間で、砂糖入り飲料を飲み続けることによる糖尿病の発症率は、米国が11%(2090万件)、英国は5.8%(260万件)と推定。両国とも、同飲料の摂取による糖尿病の発症率は、高齢者よりも若年者、女性よりも男性で高くなった。

 研究者は「砂糖入り飲料の習慣的な摂取は、肥満とは別に糖尿病の発症リスクを上げる。その摂取量を減らせば、糖尿病の新規発症は抑制される可能性がある」と言及。さらに、「人工甘味料入り飲料や果物ジュースを代用しても、予防にはつながらないと考えられる」と指摘している。

 いまや、わが国でも6人に1人が発症する糖尿病。今回の研究から学ぶべきなのは、「甘い飲み物を習慣化しない」ことだ。糖尿病の明らかな予防策になる。そして、肥満ではない人も油断禁物である。
(文=編集部)

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫