肥満でなくても1日1杯で危険! 砂糖入り飲料で糖尿病リスクが上昇!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人工甘味料や果汁に代えても予防にはならない!


 その結果、「砂糖入り飲料」を1日あたり1杯多く飲むごとに、2型糖尿病を発症するリスクが18%上昇することがわかった。さらに肥満という因子を取り除いて補正しても、相対リスクの上昇は13%に及んだ。

 「人工甘味料入り飲料」では、1日1杯ごとの相対リスク上昇率は25%となり、肥満で補正した後は8%まで低下した。一方、果物ジュースの相対リスク上昇は5%。肥満で補正した後は7%に上昇した。

 さらに2010年から向こう10年間で、砂糖入り飲料を飲み続けることによる糖尿病の発症率は、米国が11%(2090万件)、英国は5.8%(260万件)と推定。両国とも、同飲料の摂取による糖尿病の発症率は、高齢者よりも若年者、女性よりも男性で高くなった。

 研究者は「砂糖入り飲料の習慣的な摂取は、肥満とは別に糖尿病の発症リスクを上げる。その摂取量を減らせば、糖尿病の新規発症は抑制される可能性がある」と言及。さらに、「人工甘味料入り飲料や果物ジュースを代用しても、予防にはつながらないと考えられる」と指摘している。

 いまや、わが国でも6人に1人が発症する糖尿病。今回の研究から学ぶべきなのは、「甘い飲み物を習慣化しない」ことだ。糖尿病の明らかな予防策になる。そして、肥満ではない人も油断禁物である。
(文=編集部)

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇