貧困が子どもの学力だけでなく脳の発達にも悪影響があると判明

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 内閣府によると日本の子どもの相対的貧困率は、OECD加盟国34か国中10番目に高く、OECD平均を上回っている。さらに子どもがいる現役世帯のうち大人が1人の世帯の相対的貧困率はOECD加盟国中最も高いという。(内閣府HP 相対的貧困率の国際比較~2010年)

 国内景気はますます冷え込み、経済格差は広がる。親の経済的貧困が原因で子どもは教育の機会を奪われ、結果として低学力・低学歴になってしまう。2008年度の日本の全国学力テストの結果でも、世帯収入の高低で正答率に約20%の開きが生じている。(文部科学省、専門家会議2009年度報告)
 アメリカの今回の調査結果とそうした日本の状況を考え合わせると、子どもの貧困問題に対してしっかりとした対策を講じるまさに"公衆衛生上の措置を取るべき十分な科学的根拠がある"のではないか。
(文=編集部)

外反母趾や足裏のつらい痛みに「ゆったり靴」はNG!自分の足の個性に合う靴選びを
インタビュー「インソールで健康増進&機能アップ」第2回 日本フットケアサービス㈱代表取締役社長 大平吉夫

足の形は普段履いている靴や生活習慣の影響を受けるが、顔と同じように、生まれつき決まっている部分も大きい。一人ひとりで異なる足の個性に合わせて靴を選び、インソール(靴の中敷き)を使うことで、日常生活を支障なく過ごせるだけでなく、自分の能力を最大限に発揮させることができそうだ。人の目にさらされる機会がほとんどない、地味な存在のインソールだが、実に多様な機能を発揮しているようだ。義肢装具士の大平吉夫さんに詳しく聞いた。
第1回「インソールで体調が改善、疲れにくく生活が楽になる!運動も楽しめる!」

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志