貧困が子どもの学力だけでなく脳の発達にも悪影響があると判明

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 内閣府によると日本の子どもの相対的貧困率は、OECD加盟国34か国中10番目に高く、OECD平均を上回っている。さらに子どもがいる現役世帯のうち大人が1人の世帯の相対的貧困率はOECD加盟国中最も高いという。(内閣府HP 相対的貧困率の国際比較~2010年)

 国内景気はますます冷え込み、経済格差は広がる。親の経済的貧困が原因で子どもは教育の機会を奪われ、結果として低学力・低学歴になってしまう。2008年度の日本の全国学力テストの結果でも、世帯収入の高低で正答率に約20%の開きが生じている。(文部科学省、専門家会議2009年度報告)
 アメリカの今回の調査結果とそうした日本の状況を考え合わせると、子どもの貧困問題に対してしっかりとした対策を講じるまさに"公衆衛生上の措置を取るべき十分な科学的根拠がある"のではないか。
(文=編集部)

「責任能力なし」の精神障害者が再び他害行為~治療によって退院3年後で1.8%に
インタビュー「重大な他害行為を行った精神障害者の治療」第2回 国立精神・神経医療研究センター病院・第2精神診療部長:平林直次医師

第1回「精神鑑定「責任能力なし」~重大な他害行為を行った精神障害者の治療病棟では……」
第2回「「責任能力なし」の精神障害者が再び他害行為~治療によって退院3年後で1.8%に」
重大な事件を犯しても「責任能力を問えない」と判断された精神障害者は、その後どのような処遇を受けているのだろうか? 他害行為を行なった精神障害者の治療を行うための医療観察法病棟が設けられている、国立精神・神経医療研究センター第2精神診療部長の平林直次医師に、あまり知られてない治療の実情について訊いた。

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆