「食べる時刻を変える」だけで痩せられる!? ダイエットは「いつ食べるか」がポイント

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「BMAL1」は、午後3時に少なく、午後10時から午前2時に最も増えると書いたが、実はこれは朝8時に起床した場合だ。大きく昼夜が逆転していなければ、体にとっての朝や夜は起きた時刻との関係にある。

 まず目覚めてから2時間以内に朝食を食べること。これによって、体内時計が正しくリセットされる。朝食の内容も大事だ。炭水化物だけでは体内時計は動かない。炭水化物とタンパク質の組み合わせが体内時計を動かす。夜型の生活を朝方に修正したいときなど、体内時計を大きく動かす必要があるときは、たんぱく質の中でもマグロやイワシ、サンマなどの魚が効果的だ。ツナサンドや、焼いたイワシとごはんの組み合わせなどがおすすめ。

 昼食は目覚めてから7時間後までにとりたい。昼食も食べるものは朝食と同様、炭水化物とタンパク質の組み合わせ、特に夜型にずれた体内時計を修正したいときは魚を食べる。

 夕食は朝食から12時間以内にとる。起床から14時間以降に食事すると、脂肪として蓄えられてしまう。夕食は低GI(グリセミックインデックス)値の炭水化物、玄米ご飯や全粒粉のパスタなどと、低脂肪の炭水化物、納豆や豆腐などの組み合わせで、軽く食べたい。特に脂肪が高い食事を夜にとると、体内時計が狂い、食欲も狂い、一日中食べたくなってしまう。ラーメンや牛丼など高GI値の炭水化物と油の組み合わせは夜ではなく、昼食までに食べるべきだ。

 食事の量は朝食2・昼食1・夕食1が最も太りにくい。日本人の現実は朝食1・昼食2・夕食3くらいだろうが、せめて朝食3・昼食3・夕食4くらいまでにはとどめたい。
(文=編集部)

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆