70万円で「安楽死」を手に入れる究極のメディカルツーリズムがスイスで人気沸騰中!?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10年以上前に出版された「誰か死ぬのを手伝って―闘う障害者はなぜ安楽死を選んだのか」(原書房)の主人公であるジャン=マリ・ロランは、10歳から車椅子生活を余儀なくされながらも世界を旅し、起業家となった。病気の進行とともに出現する耐え難い精神的・肉体的苦痛に対し、「自分の運命を自分でコントロールしたい」と、インターネットで募集した医師の手を借りて安楽死を選択した。

 この本は安楽死を選択するに至った患者の内面の葛藤が、息苦しいまでに非常に真摯に記述されていた。読後、「安楽死を選択するのも致し方ない」とまで思い込ませるものがある。しかし、実はこの本で最も示唆的なのが訳者のあとがきである。訳者の稲松三千野氏は、ロラン氏の心のどこかに「誰か死ぬのを手伝って」のタイトルとは相反する「生きるのを手伝って」という気持ちがなかったのか、と記している。

 欧州12カ国で実施した意識調査では、幇助自殺の合法化に賛成する回答が過半数を占めたという。しかし、合法化を支持することと自らが安楽死を選択するかは大きく違う。あなたが耐え難い苦痛を伴う神経難病や末期がんだった場合、安楽死ツーリズムが可能であるとしたらどうしますか?
(文=編集部)

幹細胞治療でCOVID-19の重症化抑制と予防の可能性
『新型コロナに対する幹細胞治療が注目』後編  スタークリニック院長竹島昌栄医師

前編『新型コロナ治療の救世主となるか 幹細胞治療の成果に注目』

いまだ世界的に猛威を振るう新型コロナウイルス。その治療薬やワクチン開発が進む中、注目を集めているのが幹細胞による治療だ。幹細胞治療に詳しいスタークリニックの竹島昌栄院長に話を聞いた。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行