米国で「死ぬ権利」法案が成立 “弱者”を死に追いやる可能性も

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
death.jpg

「死ぬ権利」の議論に大きく影響 bugtiger/PIXTA(ピクスタ)

 患者が死を望んだとき、医師がそれを手助けすることは許されるのか──。生命倫理の根本にかかわるそのような命題を、否応なく突きつけるニュースが飛び込んできた。

 米カリフォルニア州のジェリー・ブラウン知事が、末期患者が自ら死を選ぶことを認める「死ぬ権利」法案に署名したのだ。同州上院は今年9月、余命わずかな患者に対し医師が致死薬を処方することを認める法案を賛成23票、反対14票で可決した。

 アメリカではすでにオレゴン州、バーモント州、ワシントン州、モンタナ州で安楽死が法的に認められている。だが、人口約4000万人のカリフォルニア州がこの決定をしたことは、広くアメリカ全体における死ぬ権利の議論に大きく影響を与えるだろう。

保険会社が弱者を死に追いやる可能性も

 この法案は、1994年にオレゴン州で成立した「尊厳死法」にならったものだ。昨年、カリフォルニア州で末期の脳腫瘍と診断された29歳の女性がオレゴン州に移住して安楽死を選んだことも、今回の可決を加速させる一因となったという。

 これら2州の法律ではいずれも、医師2名が患者の予後を診断し、余命6カ月未満であること、患者に精神疾患や気分障害がないこと、決定を強要されていないことを保証する必要があるとのことだ。

 しかし、身体障害者擁護団体Disability Rights Education and Defense Fundの政策アナリストであるMarilyn Golden氏は、「この“自殺幇助法”によって、保険会社が弱者を死に追いやる可能性がある」と懸念している。

 そして、すでにオレゴン州で患者が致死薬の処方を認める医師が見つかるまで、「ドクターショッピング」を続けるケースが起こっていることを指摘している。

日本での「尊厳死」の動きにも影響か?

マイケル・ジャクソンも悩まされた皮膚病「白斑(尋常性白斑)」~<治せる時代>が到来
インタビュー「皮膚の色が抜け落ちる『白斑』の最新治療」前編:榎並寿男医師(新宿皮フ科院長)

皮膚の色が抜け落ち、白くなってしまう病気、白斑(尋常性白斑)。マイケル・ジャクソンもこの病気だったことが公表されている。従来は難治とされてきたが、近年、治療が進化し、成果を上げている。最先端の治療に取り組み、「8割以上の白斑は改善可能と考えている」という新宿皮フ科院長の榎並寿男医師に聞いた。

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆