「排尿時の異常」について

症状としては、排尿回数が異常に多い頻尿、尿線(尿の排出のされ方)異常、排尿困難、尿がまったく出なくなる尿閉、残尿感、排尿痛、尿失禁などが挙げられる。それぞれ、膀胱、前立腺、尿道、卵巣、子宮といった臓器に異常(結石や腫瘍)をきたしている可能性が考えられる。

「排尿時の異常」から考えられる病気

頻尿
膀胱結石
急性膀胱炎
慢性膀胱炎
膀胱頸部硬化症
膀胱がん
神経因性膀胱
前立腺肥大症
前立腺がん
急性・慢性前立腺炎
尿道狭窄
卵巣がん
子宮筋腫
過活動膀胱
尿崩症
糖尿病
尿線異常
膀胱結石
神経因性膀胱
尿道結石
尿道狭窄
前立腺肥大症
前立腺がん
排尿困難
膀胱結石
膀胱頸部硬化症
膀胱がん
神経因性膀胱
前立腺肥大症
前立腺がん
急性・慢性前立腺炎
尿道結石
尿道狭窄
子宮筋腫
尿閉
膀胱結石
膀胱がん
神経因性膀胱
前立腺肥大症
前立腺がん
急性・慢性前立腺炎
前立腺肉腫
尿道結石
尿道狭窄
残尿感
膀胱結石
急性膀胱炎
慢性膀胱炎
膀胱頸部硬化症
膀胱がん
神経因性膀胱
前立腺肥大症
前立腺がん
急性・慢性前立腺炎
尿道結石
排尿痛
膀胱結石
急性膀胱炎
慢性膀胱炎
膀胱がん
尿道結石
尿道炎
尿道狭窄急性
慢性前立腺炎
尿失禁
急性膀胱炎
慢性膀胱炎
神経因性膀胱
前立腺肥大症
過活動膀胱
脳血管障害
アルツハイマー病
脳血管性認知症
脊髄空洞症などの脊髄疾患
出産や加齢などによる骨盤の筋力の低下
妊活はシチュエーションを変えることも大事 不妊治療は愛情の確認から
インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第3回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

「非婚化」「晩婚化」と並んで、結婚した夫婦の間でも子どもができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏の診察室には、男性が原因で不妊となっている夫婦が数多く訪れる。なかでも近年、急速に増えているのが、挿入はできるけれど、女性の中で射精できない「膣内射精障害」だという。

Doctors Select

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志