「排尿時の異常」について

症状としては、排尿回数が異常に多い頻尿、尿線(尿の排出のされ方)異常、排尿困難、尿がまったく出なくなる尿閉、残尿感、排尿痛、尿失禁などが挙げられる。それぞれ、膀胱、前立腺、尿道、卵巣、子宮といった臓器に異常(結石や腫瘍)をきたしている可能性が考えられる。

「排尿時の異常」から考えられる病気

頻尿
膀胱結石
急性膀胱炎
慢性膀胱炎
膀胱頸部硬化症
膀胱がん
神経因性膀胱
前立腺肥大症
前立腺がん
急性・慢性前立腺炎
尿道狭窄
卵巣がん
子宮筋腫
過活動膀胱
尿崩症
糖尿病
尿線異常
膀胱結石
神経因性膀胱
尿道結石
尿道狭窄
前立腺肥大症
前立腺がん
排尿困難
膀胱結石
膀胱頸部硬化症
膀胱がん
神経因性膀胱
前立腺肥大症
前立腺がん
急性・慢性前立腺炎
尿道結石
尿道狭窄
子宮筋腫
尿閉
膀胱結石
膀胱がん
神経因性膀胱
前立腺肥大症
前立腺がん
急性・慢性前立腺炎
前立腺肉腫
尿道結石
尿道狭窄
残尿感
膀胱結石
急性膀胱炎
慢性膀胱炎
膀胱頸部硬化症
膀胱がん
神経因性膀胱
前立腺肥大症
前立腺がん
急性・慢性前立腺炎
尿道結石
排尿痛
膀胱結石
急性膀胱炎
慢性膀胱炎
膀胱がん
尿道結石
尿道炎
尿道狭窄急性
慢性前立腺炎
尿失禁
急性膀胱炎
慢性膀胱炎
神経因性膀胱
前立腺肥大症
過活動膀胱
脳血管障害
アルツハイマー病
脳血管性認知症
脊髄空洞症などの脊髄疾患
出産や加齢などによる骨盤の筋力の低下
脳卒中後遺症の「リハジム」のコンセプトとは?保険適応外だが富裕層のための施設ではない
インタビュー「脳卒中後遺症の機能回復・再発予防専門のジム」後編:株式会社P3代表・中村尚人(理学療法士)

前編『脳卒中の後遺症 機能回復・再発予防専門トレーニング「リハジム」とは?』

脳卒中後遺症の方のための機能回復・再発予防専門トレーニングをメインとした、まったく新しいコンセプトのジム「リハジム」がオープンした。この施設を運営する学療法士で株式会社p3の代表も務める中村尚人氏に、前回に引き続き今後の展望について話を訊いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

広島大学名誉教授。1941年、広島市生まれ。広島…

難波紘二

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆