「排尿時の異常」について

症状としては、排尿回数が異常に多い頻尿、尿線(尿の排出のされ方)異常、排尿困難、尿がまったく出なくなる尿閉、残尿感、排尿痛、尿失禁などが挙げられる。それぞれ、膀胱、前立腺、尿道、卵巣、子宮といった臓器に異常(結石や腫瘍)をきたしている可能性が考えられる。

「排尿時の異常」から考えられる病気

頻尿
膀胱結石
急性膀胱炎
慢性膀胱炎
膀胱頸部硬化症
膀胱がん
神経因性膀胱
前立腺肥大症
前立腺がん
急性・慢性前立腺炎
尿道狭窄
卵巣がん
子宮筋腫
過活動膀胱
尿崩症
糖尿病
尿線異常
膀胱結石
神経因性膀胱
尿道結石
尿道狭窄
前立腺肥大症
前立腺がん
排尿困難
膀胱結石
膀胱頸部硬化症
膀胱がん
神経因性膀胱
前立腺肥大症
前立腺がん
急性・慢性前立腺炎
尿道結石
尿道狭窄
子宮筋腫
尿閉
膀胱結石
膀胱がん
神経因性膀胱
前立腺肥大症
前立腺がん
急性・慢性前立腺炎
前立腺肉腫
尿道結石
尿道狭窄
残尿感
膀胱結石
急性膀胱炎
慢性膀胱炎
膀胱頸部硬化症
膀胱がん
神経因性膀胱
前立腺肥大症
前立腺がん
急性・慢性前立腺炎
尿道結石
排尿痛
膀胱結石
急性膀胱炎
慢性膀胱炎
膀胱がん
尿道結石
尿道炎
尿道狭窄急性
慢性前立腺炎
尿失禁
急性膀胱炎
慢性膀胱炎
神経因性膀胱
前立腺肥大症
過活動膀胱
脳血管障害
アルツハイマー病
脳血管性認知症
脊髄空洞症などの脊髄疾患
出産や加齢などによる骨盤の筋力の低下
がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔