緊急提言:新型コロナウイルス検査が必要な理由とパンデミックを抑えることの意義

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パンデミックに対する認識が甘かったのは韓国と日本

 話を世界中の国々がなぜこの新型コロナウイルス感染がパンデミックに広がることを抑えようと必死になっているかの理由を考えたいと思います。ハーバード大学のリプシッチ教授が、新型コロナウイルス感染の今後の見通しについてコメントを出しました。(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200226-00000004-cnippou-kr)

 今度の新型コロナウイルス感染はパンデミックとなることは避けらず、来年以降は5番目のコロナ流行病となって、毎年流行することになると予想しています。新興感染症をパンデミックにしてはいけない理由について、私もこれまではっきり認識していなかったのですが、このコメントを見てよくわかりました。

 そのウイルスがたとえMERSやSARSのように致死率が高いウイルスでなくとも、パンデミックになって定着してしまうと、その後ほぼ未来永劫、毎年多くの人が感染して一部の人が重症化して命を落とすことになるのです。それはやはり極力避ける努力をしなければいけないということだと思います。

 世界中の国々が必死になってパンデミックを阻止しようと努力しているのが過剰な対応に思えていたのですが、このウイルスの定着を阻止することまで考えると、決してあきらめずに可能な限りの対策はとるというのは正しい判断に思えてきました。ロシアは早くから中国国境を閉鎖しましたし、各国のクルーズ船からのチャーター便で引き上げ後の隔離政策も厳しいものでした。また、サンフランシスコはまだ感染例が一例も確認されていない段階で、非常事態宣言を発令したしたそうです。
(https://news.yahoo.co.jp/byline/iizukamakiko/20200226-00164747/)

 そういう意味での対策が甘かったのは韓国と日本だけでした。パンデミックを阻止するのだというモチベーションがゼロだったからだと思います。難しいという見通しがあったとしても初めからあきらめてはいけなかったと思います。それは必ずしもクルーズ船の検疫のことを言っているわけではありません。あれは全然意味がなかったと私は思います。国境対策、あるいは中国からの入国制限等です。MERSやSARSは封じ込めに成功しましたが、どうやらCOVID19は封じ込められる見込みが低いようです(それはこのウイルスの特性に関わっていますが)。

感染封じ込めに成功しつつある中国

 中国CDC(Chinese Cener for Disease Control and Prevention)の新型コロナウイルスに関する論文は大変参考になる多くの事実を含んでいます。
「The Epidemiological Characteristics of an Outbreak of 2019 Novel Coronavirus Diseases (COVID-19) ? China, 2020」(
http://weekly.chinacdc.cn/en/article/id/e53946e2-c6c4-41e9-9a9b-fea8db1a8f51)

 中国ではすでに新型コロナウイルス感染は急速に収束に向かっています。間違いなく感染の拡大に歯止めをかけるのに成功しています。うなぎ登りに増えていた感染者数が1月23-27日を境にして最終報告日時の2月11日にかけて激減しています。

 実はこの時期というのは完全に春節休暇(1月24日~2月9日の17日間、当初は1月30日までの7日間だったのを10日間延長しました)に一致しているのです。幸いにも感染拡大期に春節休みを迎えることができたのです。すべての学校と企業の営業を認めないという指示を出しました(ただし、例外としてインフラ・医療にかかわる業種と生活に必要なスーパーと飲食業の営業は認められていました。それでもかなりの人の動きを封じ込めることができました)。

 この措置をとったのは北京、上海、重慶、浙江、江蘇、広州など中国の主要都市がすべて含まれています。中国での感染がピークだった1月28日時点での北京市、上海市での新型コロナウイルス確定例(核酸検査で確認済の例)の累計数が、それぞれ80人と60人でした。今の日本や韓国、イタリアの感染者数よりはるかに少なかったのです。ちなみに2月11日までの期間の中国における感染者数の累計総数は72312人、確定例が44672人、驚くべきことはこの確定例はすべて核酸検査(いわゆるPCR検査に相当)で確認された例だということです。そしてこのうちの74.7%が湖北省での患者数ということですから、湖北省以外の感染者数は11302人。

 さらに特筆すべきことは湖北省以外で感染が報告されている内の70‐80%が湖北省に滞在歴があるか、滞在歴があって感染した人との接触歴がある人なのです。すなわち、純粋に湖北省と無関係な感染者というのは高々2000人(確定例)ぐらいということになります。核酸検査で確認された約40000人のうちの2000人という話です。こう見ると中国の新型コロナウイルス感染の収束に、武漢市の閉鎖と3週間位わたる春節休みがいかに重要だったがわかります。このウイルスは少し気を抜くと韓国やイタリア、イランで見られるような急激な集団感染をおこすのです。中国の例に習って、2週間の間、大きなイベント自粛しなければならないのはやむを得ないかもしれません。

 最後に付記しておかなければならないことは、この中国からの報告で医療従事者の感染数が3019例(確定例では1716例/全体44672例)約4%あったということです。パーセントで見ると少なく感じますが、25人に1人が医療従事者ということです。これは無視しがたい数字です。季節性インフルエンザなどは医療関係者は抗体ができているのであまり罹りにくいと言われていなすが、この新型コロナウイルスに関してはまだ免疫ができていないために医療関係者もインフルエンザ以上に罹りやすいということです。このことはやはり、現在の日本において医療従事者の検査を実施すべき大きな根拠となると思います。

 緊急提言としてこの文章を書かせていただいたのは、少しでも感染の拡大を減らして重症感染者数を減らしたいとの切実な思いからです。この思いが為政者に届いて、改善すべき点を速やかに改善していただけることを切望いたします。
(文=和田眞紀夫)

わだ内科クリニック
和田眞紀夫(わだ・まきお)
わだ内科クリニック院長
宮崎大学医学部卒業。
東京女子医科大学病院、河北総合病院、国立がんセンター、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA) 
板橋中央総合病院、山王病院、国際医療福祉大学などを経て現職。
日本血液学会血液専門医
日本内科学会認定内科医専門医

※医療バナンス学会発行「MRIC」2020年3月2 日より転載(http://medg.jp/mt/)


難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫