お酒がやめられないのはどうして? アルコール依存の治療が難しい理由

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全国初の「飲酒量低減外来」がスタート

 アルコール依存症にも男女差があり、女性のほうが比較的短期間で依存症に発展しやすい。また、発症リスクの50~60%は遺伝要因だ。

 いずれにしても、アルコール依存症は意思の強さの次元ではなく、自力で治癒させることは難しい。深刻化している場合、迅速に専門医の診断を受けるべきだというのが専門家の意見だ。そんな時代の趨勢に呼応すべく今年1月、筑波大学との提携により北茨木市民病院附属家庭医療センター内に「飲酒量低減外来」が開設された。名称を敢えて「アルコール外来」とはせずに「飲酒量低減外来」とし、「断酒」ではなく「減酒」を掲げる。精神科以外では全国初の総合診療システムだ。

 依存者に限らず、その周囲も、こうしたアルコール依存症の治療サポートをうまく活用していくことが、問題解決への大きな一歩となるだろう。(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆