「狂犬病」発症後の死亡率はほぼ100% 発生地域への渡航の際は予防接種を

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
img_1559037478.jpg

狂犬病発生国の野良犬には注意を

 今年5月6日、ノルウェー人女性ビルギッタ・カレスタッドさんが「狂犬病」で亡くなった。享年24歳。ノルウェーで狂犬病の発病が確認されたのは1815年以来のことで、狂犬病が原因で亡くなったのは史上初めてのことであった。なぜ彼女は先進国ではほぼ撲滅された狂犬病という病気で亡くなってしまったのだろうか。

 アメリカのニュースサイトHeavy.comによると事件の詳細は次の通りだ。

 彼女は友人と共に2月に休暇でフィリピンを訪れた。友人とモペット(ペダルつきのオートバイ)に乗って移動している途中、彼女は子犬を発見。宿泊先であるリゾート施設に連れ帰り、体を洗ってあげたり、食事を与えたりと世話をした。しかし子犬に指を噛まれてしまう。それは彼女にとって取るに足らない小さな傷であったようで、患部を軽く殺菌しただけで帰国の途についた。

 ノルウェーに帰国してからの数週間はなんの症状も現れなかったが、後に彼女は気分の悪さを訴えるようになる。診察をした医師は隣国であるスウェーデン公衆衛生局に血液サンプルを送付、5月4日にようやく狂犬病ウイルスに感染したことを確認した。それから2日後の5月6日、彼女は勤務先の病院の集中治療室で家族に看取られながら亡くなった。

2006年にはフィリピンへの渡航者2名が死亡

 日本では、1956年を最後にヒトでの狂犬病は発生していない。動物でも1957年の猫での発生が最後だ。ただし、狂犬病流行国で犬に咬まれ帰国後に発症した事例は、1970年にネパールからの帰国者で1例、2006年にフィリピンからの帰国者で2例ある。

 そもそも狂犬病とはどんな病気なのか。厚生労働省や日本獣医師会のウェブサイトを元に解説する。

 狂犬病とは、狂犬病ウイルスに感染した哺乳類に噛まれたり、引っ掻かれたり、舐められたりすることで罹患する病気だ。水を飲む時にその刺激で咽頭や全身の痙攣が起こり苦痛で水が飲めないことから、狂水病とも呼ばれている。狂犬病の病原体は粒子の大きさが85×180nmという比較的大きな弾丸状のウイルス。感染源は野犬が大多数を占めているが、そのほかアライグマやスカンク、キツネ、コウモリが感染源となったケースも報告されている。

 罹患動物の唾液に含まれたウイルスが体に侵入することで感染。潜伏期は1カ月から3カ月ほどで、発熱や食欲不振、噛まれた部分の痛みや痒みといった症状に始まり、水を怖がったり不安を感じたりといった精神的な作用を催すようになる。症状が重篤になると昏睡し、最後は呼吸困難によって死に至る。

 狂犬病は人間の脳や神経系に致命的な感染を引き起こす可能性があり、発症後の有効な治療法はなく、100%死に至る恐ろしい病気だ。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆