ジムへ行くなら夜がいい! 仕事後の疲労回復に有効で睡眠の質もよくなる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運動による空腹感が就寝前の夜食・間食につながる?

 また、いずれの時間帯においても「自覚的な空腹感の変化」は特に認められなかった一方で、②と③は「空腹ホルモン」として知られる「グレリン」の血中濃度が低下していた。この低下傾向についてLarsen氏らは、「より定期的に運動しないと、こうした変化に気づくレベルには至らないのかもしれない」と、慎重な見解を述べている。

 だが、今回の研究では、「夜間の運動は空腹感を生み、就寝前の夜食・間食につながる」という一般的にある先入観も覆されたかたちだ。

 Larsen氏らの新知見に対し、理想的な時間帯云々よりも「運動すること自体が重要だ」と強調するのは、スポーツの専門家らの見解だ。たとえば、スポーツ医学とアスレチック・トレーニングを専門とするDana Angelo White氏(米クイニピアック大学)はこう述べる。

「夜の運動は興奮しすぎて眠れなくなるのではないか、そう思い悩んでいる人も確かに少なくないかもしれない。しかし、習慣的に運動するほうが良く眠れることは明らかだ。重要なのは、1日のどこかで運動する時間を確保・捻出することだと考えるべき」

 こうした定期的な時間帯の運動を習慣づければ、「睡眠を促す神経伝達物質が増える」と説明するのは、睡眠の専門家であるAlice Doe氏(米アセンション・ボーゲス病院)である。

「一般的に推奨したいのは、就寝予定の3時間前には運動を終わらせることですね。そして寝る2~3時間前に熱いお風呂に入るか、シャワーを浴びると質の高い睡眠をつながりやすい」

 この助言から逆算すれば、あなた自身の「ジム通い」の理想的な時間帯が割り出せるはず。新年度のスタートに際して、もう一度、夜の運動習慣の利点も頭に入れてパフォーマンスアップにつなげてもらいたい。

村上勇(むらかみ・いさむ)

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボール選手を引退後、現・スポーツクラブ「ルネサンス」に勤務。2007年から「メディカルフィットネス+スパ ラ・ヴィータ」のゼネラルマネージャーとして施設運営に携わる一方、トレーナーとして主婦や高齢者、アスリート(サッカーチーム・モンテディオ山形、加藤条冶:スピードスケート、黒田吉隆:レーシングドライバー)、著名人(指揮者・飯森範親など)を幅広く指導。現在は株式会社ドリームゲート代表として、スポーツチーム・アスリート・企業などを指導、運営協力に携わる。

村上勇の記事一覧

村上勇
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆