隠れた移民問題 なぜ発展途上国から米国に移住すると、病気を発症しやすくなる?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

途上国への出張で米国人の腸内微生物に大きな変化

 食習慣がマイクロバイオームを一変させるとする研究は、ほかにもまだある。

 米ハーバード大学とマサチューセッツ工科大学の研究グループは、1年間にわたって健康な成人男性2人の食事や行動の履歴、腸内と唾液中の細菌の変化を調べた10万サンプルに及ぶ研究成果を「ゲノム・バイオロジー」(2014年7月)に発表している。

 調査の結果、マイクロバイオームと睡眠、運動、その日の気分との関係に大きな影響は見られなかった。だが、被験者が途上国に出張した時にマイクロバイオームは大きな影響を受けた。さらに食物繊維が豊富な食事を摂取すると、翌日にマイクロバイオームの15%に顕著な変化があった。

 以上の知見から、研究グループは、マイクロバイオームと食物繊維の摂取やライフスタイルとの関係は極めて大きいと結論づけている。

 腸内微生物は食べ物や食物繊維の消化を助け、必須ビタミンを合成し、ホルモン系・免疫系・神経系を正常化し、ホメオスタシス(生体恒常性)保ちながら、病原菌の侵入からマイクロバイオームを守り、病気の発症や予防に役立っているのだ。

 マイクロバイオームが乱れると、インフルエンザや風邪、鼻炎やアトピー性皮膚炎、消化不良や便秘、下痢などを発症しやすくなり、肥満などの生活習慣病を招きやすくなる。

 マイクロバイオームを快適に保つためには、乳酸菌やビフィズス菌を含むヨーグルトをはじめ、食物繊維、オリゴ糖、味噌、醤油、納豆、ぬか漬け、なれ寿司などの発酵食品の摂取が欠かせない。

 移民というテーマにおいては、とかく社会の受け入れや反発、経済や雇用への影響の側面が注目されがちだ。しかし、移民する側の人間の体内では、住む環境が変わることによってひそかに移民への適応が進んでいる。仮に、それが健康リスクを高めているとしてもだ。
(文=編集部)

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫