インスタント食品、子供が電子レンジ使用時の火傷多発…非対応の容器加熱は極めて危険

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

即席麺をめぐる日本の火傷事情

 事実、日本人児童の火傷をめぐる、次のような調査報告がある。12年1月~16年10月の期間中、福岡・飯塚病院皮膚科を受診し、継続的に治療を受けた火傷患児105人を対象に調査したところ、即席麺関連で発生した件数が「約23%」を占めた。

問題は、この数値が海外論文で報告されている割合(=5.4%)に比べて突出して多い点だ。昨年開催の「第116回日本皮膚科学会」で報告した飯塚病院の村田真帆医師は、こう指摘している。

「軽症患者の場合は、緊急外来の受診のみで実際に皮膚科で治療する例は少ないため、一概に数値上の内外比較はできないものの、発生率は高いと言わざるを得ない」

 インスタント食品は、カップ麺であれ、袋入り麺であれ、調理法自体は沸騰した湯を使用することに変わりがない。興味深いのは、火傷の発生時間帯だ。

 先ほどの飯塚病院の報告によれば、火傷全体では昼食帯(11~17時)約32%よりも若干、夕食帯(17時~23時)約34%が高かった。

 ところが、原因を即席麺関連に絞ると、昼食帯(約44%):夕食帯(約14%)に大きく逆転。火傷部位も違いが顕著だ。一般には腕が多いが、即席麺関連は「腕・胴体・脚部」の各部分が約30%に上るなど「広範囲にわたる」傾向がみられた。

大人がそばで見守る必要性も

 一方で火傷を負う子は、「2歳以下」が66.7%ともっとも多い。お湯を注いだあとの待ち時間に、興味本位や不注意で器を倒して熱湯を浴びるケースを思わせる。

 やはり、この年齢層の場合、上体から熱湯をかぶることも多いのだろう。火傷の箇所も広範囲に及ぶ。

「子どもたちがインスタント食品を食べる際は、大人がそばで見守る必要がある」(アレン氏)、「保護者は、即席スープなどには熱傷リスクがあることを十分理解しておくべき」(クーパー氏)、というのが両氏による呼びかけだ。

 これから温かいものが欲しくなる季節に突入する。日清食品のサイト上にも、「やむを得ず電子レンジを使用される場合には、必ず電子レンジに対応した器に移し替えてください」とあるとおり、そのままでチンするのはリスクが潜むことも覚えておこう。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆