腸内細菌の酵素で血液型「A型とB型」を「O型」に変えることに成功!輸血用血液製剤不足の解消へ

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

輸血を必要とする人は約100万人!

 国内の輸血用血液製剤は不足している。どのような状況だろうか?

 人の血液から作り出される医薬品を血液製剤と呼ぶ。輸血用血液製剤は、貧血や赤血球の機能低下に用いる赤血球製剤、出血の防止に必要な凝固因子を含む血漿製剤、血液の止血機能を持つ血小板製剤、すべての成分を含む全血製剤に分かれる。

 現在は患者が必要とする成分だけを輸血する「成分輸血」が主流のため、医療機関への全供給数のうち、赤血球製剤、血漿製剤、血小板製剤がほぼ100%を占める。

 血液事業に取り組む日本赤十字社によれば、平成29年の献血者数は約478万人、輸血を必要とする患者数は約100万人で、その約85%が50歳以上だ。少子高齢社会を迎えるに伴い、輸血用血液製剤の多くは高齢者の医療に使われ、高齢者ほど輸血が必要になる。

 一方、献血者約478万人の約70%は50歳未満で、この世代が輸血医療を大きく支えているが、若年層(10~30代)の献血者数は減少しつつある。将来の安定供給が危ぶまれる。
 
 このような現状があることから、日本赤十字社は、平成24年4月から全国に7つの本社直轄施設(ブロック血液センター)を統合し、安全性・効率性の向上、安定供給を図る広域事業運営体制をスタート。現在の供給需要130 万リッターの供給力を強化するために、輸血用血液製剤の製造能力を 120 万リッターから150 万リッターに高めることをめざしている。

 血液は、血液型が同じでも成分が微妙に異なるため、複数の献血者の血液を合わせて一人の患者に輸血すればするほど、発熱、発疹などの副作用が発生するリスクが高まる。

 さらに血液は、長期保存できないので、医療機関に安定的に輸血用血液製剤を供給するためには、特に若い世代の献血(400mL献血、成分献血)への理解と協力が欠かせない。あなたの助力がぜひ必要だ。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆