誇大広告「腟の若返り手術」に米食品医薬品局が注意喚起!深刻な腟の悩みは婦人科で相談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

尿失禁、セックス痛、膣の乾燥などの深刻な悩みは婦人科へ

 いつまでも若々しく生きたい。女性器のアンチエイジングは、すべての女性の切望だろう。だが、過剰な情報の氾濫は、「腟の若返り術」のベネフィットとリスクの冷静な判断を迷わせる。

 膣のゆるみ、腰痛、冷えは、膣まわりの老化が原因、膣内の細胞が活性化する膣ケアは欧米の常識、「見た目も機能も16歳に戻る、などとセンセーショナルに喧伝する情報が巷に溢れているからだ。「腟の若返り術」。その対策を簡単にまとめよう。

 アメリカ形成外科学会(ASPS)によれば、閉経、母乳育児、化学療法、放射線療法などによって細胞がダメージを受け、エストロゲンが低下すると、膣内の状態が変化するため、膣の潤いや弾力性が衰える。その症状を改善する「腟の若返り術」は、膣の乾燥、失禁、セックス痛などを緩和するケアと、性器の形を変える美容手術に分かれる。

 ノースウエスタン大学ファインバーグ医学部産婦人科のローレン・ストレイチャー臨床准教授(Prevention誌編集顧問委員)は、「膣の乾燥」の改善法を「性交時にシリコンがベースの潤滑剤を使うと滑りがよく、長持ちし、性器に炎症を起こしにくいので、推奨する」とアドバイスしている。

 膣のモイスチャライザーは、膣の組織を厚く弾力を高め、自然な潤いが得られるので、週2~5回、膣の中の周囲に使えば効果がある。

 膣用のエストロゲン製剤(クリーム、錠剤、リング)も、安全性と有効性が高い。膣に挿入して、潤いと弾力性を高める効果がある膣の座薬も選択肢になる。

 そのほか、FDAが認可している医療用CO2(炭酸ガス)レーザー治療(施術できるのは婦人科医のみ)は、膣と外性器の細胞を刺激し再生する。

 ただし、重要な注意点がある――。膣は強い自浄作用があるため、特に神経質になるほどに清潔に保つケアは必要ない。だが、更年期の症状、尿失禁、セックス痛、膣の乾燥などの深刻な悩みがあれば、婦人科の専門医に相談し、正しい診断を受けてほしい。それが「膣の若返り」の最善策だろう。
(文=編集部)

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆