子どもに蔓延? お菓子に似せた「電子タバコ用リキッド」が米国で販売中止に

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

電子タバコを使用する中高生は200万人以上

 米国では電子タバコの人気が高まるにつれて、中毒管理センターでは6歳未満の小児におけるe-リキッドの中毒例や他の液状ニコチンへの曝露例に関する通報が増加している。

 また、こうした小児患者の救急外来の受診件数も増えていることが、全米中毒データシステムにより明らかになっている。

 FDAによると、低年齢の子どもがe-リキッドを触ったり、飲み込んでしまうと痙攣や昏睡、呼吸停止、心停止による死亡など深刻な事態に陥る可能性があるという。

 また、2016年には米国で電子タバコなどを使用する中高生の数は200万人を超えており、こうした若者が多い主な理由として、フレーバー付きリキッドが手軽に入手できることが挙げられている。

 しかし、若いうちにニコチンを摂取すると脳の発達に悪影響があるだけでなく、後にニコチン中毒になりやすくなるとFDAは説明している。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫