子どもに蔓延? お菓子に似せた「電子タバコ用リキッド」が米国で販売中止に

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

電子タバコを使用する中高生は200万人以上

 米国では電子タバコの人気が高まるにつれて、中毒管理センターでは6歳未満の小児におけるe-リキッドの中毒例や他の液状ニコチンへの曝露例に関する通報が増加している。

 また、こうした小児患者の救急外来の受診件数も増えていることが、全米中毒データシステムにより明らかになっている。

 FDAによると、低年齢の子どもがe-リキッドを触ったり、飲み込んでしまうと痙攣や昏睡、呼吸停止、心停止による死亡など深刻な事態に陥る可能性があるという。

 また、2016年には米国で電子タバコなどを使用する中高生の数は200万人を超えており、こうした若者が多い主な理由として、フレーバー付きリキッドが手軽に入手できることが挙げられている。

 しかし、若いうちにニコチンを摂取すると脳の発達に悪影響があるだけでなく、後にニコチン中毒になりやすくなるとFDAは説明している。
(文=編集部)

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇