労働者のうつ問題〜克服のカギは管理職のケア? 日本の実践率は16%と世界最低

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

管理職の企業理念や対策が、その国の経済を支える

 さらに、管理職が従業員のうつ病と積極的に関わらない傾向が強い国では、積極的に支援する管理職の割合が高い国と比べて、うつ病を抱える従業員が仕事を休む頻度が高かった。

 今回の研究では、学歴が低い従業員と比べて、学歴が高い従業員では、うつ病を理由に欠勤しやすいこと、また、学歴が中程度か低い45~64歳の男性は、より若い男性と比べてうつ病があっても出勤する確率が高いことなども分かった。

 Evans-Lacko 氏らは、この結果はこれらの因果関係を証明したものではないとしつつも、「管理職がうつ病の従業員を積極的に支援できるように教育する企業理念や対策が、その国の経済を支えるためには重要であることを示したものだ」と説明している。

 また、「メンタルヘルスの問題に関連する社会的なコストは相当な額に上ることから、上司が部下のうつ病を受け入れ、支援しやすい環境整備を早急に進める必要があるだろう」と話している。
(文=編集部)

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子