iQOS(アイコス)から有害物質? 日本禁煙学会が緊急警告! マメな掃除が唯一の対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2箱ごとに1回の清掃が推奨だが……

 では、仕様書が推奨する器具の清掃周期とはいったいどれくらいなのか。嗜まない方々は知る由も興味もないだろうが、アイコス購入者が最初に買い求めるスターターキットにはクリーナーブラシが備えられている。

 これを使い、目安としてはヒートスティック2箱ごとに1回の清掃が奨められているから、聞くだに厄介そうだ。つまり1日1箱ペースで消費する喫煙者であれば、2日に1回のお掃除習慣を身につけないと「健康人の敵」という不名誉な烙印を捺されかねない次第だ。

 しかも(これも非喫煙者には馴染みの薄い心理かと思われるが)加熱式たばこの利用者は常時「バッテリー切れ(吸えない)」という問題の不安に苛まれている。加えてスマホ使いでワイヤレスイヤホン利用者であれば、その不安はまさに三重苦となろう。

 前出のカリフォルニア大研究班の原文に目を通すと、こんな記述があったので引いておこう。

 《バッテリー切れを懸念して、利用者が頻繁にパフ(吸う)をくり返すと、ニコチンおよび様々な有害化学物質の吸引量が増す恐れが高い。》

 ある種の貧乏人根性、あるいは懐かしいシケモク吸いみたいなものだろうか(?)、バッテリーの寿命を気にしつつ限界まで満喫しようとついスパスパと吸い切ろうと抗う心理は非喫煙者の身でも理解はできる。

 が、そこで精一杯、いや肺いっぱい吸って摂取している正体こそが、ニコチンや多種の有害物質そのものであると知れば……バッテリー切れこそ「小休止」の警告カードと考えるほうが賢明ではなかろうか。
(文=編集部)

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子