津川雅彦さん78歳 心不全のため旅立つ! 圧倒的な演技力を見せた『アカギ』を忘れたくない!

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

麻雀ドラマ史上に残る圧倒的な津川さんの演技力

 コミック『アカギ』(竹書房)を原作としたドラマ『アカギ』(放送はBSスカパー!で2015年7月17日から9月18日)での鷲巣巌役の演技だ。

 原作中のクライマックス「鷲巣麻雀」編とは、主人公の天才雀士アカギと巨万の富を築きあげた裏社会の帝王鷲巣が命をかけた賭け麻雀するというもの。

 負けた分の支払いは、現金か自らの血液。津川さん演じる鷲巣は、この「鷲巣麻雀」で多くの若者から致死量の血液を抜き取り葬り去ってきた。

 圧倒的な財産を背景に、王の麻雀を打ち続ける鷲巣が、次第に支払う現金が底をつき始め、自らの血液を抜かれていく。

 死の恐怖と闘いながら、底知れないプライドとこれまで揺らぐことのなかった絶対的自信が勝負の進行とともに蝕まれていく。その狂気の演技は、完全に原作レベルを超え幻想的とさえいえるほどのものだった。津川さん以外に演じ切れるものなどいなかった。決して忘れない。

 津川雅彦さんのご冥福をお祈りしたい。合掌
(文=編集部)

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆