津川雅彦さん78歳 心不全のため旅立つ! 圧倒的な演技力を見せた『アカギ』を忘れたくない!

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

麻雀ドラマ史上に残る圧倒的な津川さんの演技力

 コミック『アカギ』(竹書房)を原作としたドラマ『アカギ』(放送はBSスカパー!で2015年7月17日から9月18日)での鷲巣巌役の演技だ。

 原作中のクライマックス「鷲巣麻雀」編とは、主人公の天才雀士アカギと巨万の富を築きあげた裏社会の帝王鷲巣が命をかけた賭け麻雀するというもの。

 負けた分の支払いは、現金か自らの血液。津川さん演じる鷲巣は、この「鷲巣麻雀」で多くの若者から致死量の血液を抜き取り葬り去ってきた。

 圧倒的な財産を背景に、王の麻雀を打ち続ける鷲巣が、次第に支払う現金が底をつき始め、自らの血液を抜かれていく。

 死の恐怖と闘いながら、底知れないプライドとこれまで揺らぐことのなかった絶対的自信が勝負の進行とともに蝕まれていく。その狂気の演技は、完全に原作レベルを超え幻想的とさえいえるほどのものだった。津川さん以外に演じ切れるものなどいなかった。決して忘れない。

 津川雅彦さんのご冥福をお祈りしたい。合掌
(文=編集部)

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇