死に至る「熱中症」の恐怖! 酷暑を乗り切るための熱中症対策はコレ!

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

熱中症の予防対策は?

 予防対策をまとめよう。

①暑さを避ける。
 屋外では帽子や日傘を利用し、 日陰を選んで歩こう。屋外活動時はテントを張り、日陰を作ろう。 屋内では扇風機や冷房を上手に使おう。

②服装を工夫し、熱の放散を助ける。
 吸水性にすぐれた下着を選ぼう。通気性のよい服装にしたり、襟元をゆるめよう。明るい色調の服を着よう。

③こまめに水分を補給し、発汗による体温調整を維持する。
 のどが渇いたと感じる前に水分補給しよう。運動などで多量の汗をかく時は、スポーツドリンクなどで、水分だけでなく塩分や電解質の補給を心がけよう。一度に大量の水を補給すると、体内の塩分が薄まり、バランスが崩れるので、避けよう。アルコールは、尿量が増え、飲酒量以上の水分とイオンが失われるため、水分補給はできない。

④日ごろから体調を整える。
 朝食をしっかり食べる、十分な睡眠をとる、適度な運動をするなどを心がけよう。

 めまい、吐き気、痙攣、高体温が続く時、呼びかけても応答がおかしい時、まっすぐ歩けない、走れない時、体を冷やしても症状が改善しない時などは、救急車を呼ぶなど、できるだけ早く対処し、医療機関を受診しよう。

 応急処置として、氷やアイスパックが などで、頚部、脇の下、足の付け根などの大きい血管を冷やすのも効果がある。できるだけ迅速に体温を下げれば、救命率が上がることを覚えておきたい。

 熱中症についてさらに知りたい人は、下記のサイトなどを参考にして欲しい。

環境省熱中症予防情報サイト
熱中症予防 声かけプロジェクト
日本体育協会 熱中症を防ごう
日本スポーツ振興センター 熱中症予防のための啓発資料「熱中症を予防しよう-知って防ごう熱中症-」

(文=編集部)

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子