1日3杯以上のコーヒーで肝臓が……肝疾患での入院リスクが2割も減る!

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回の結果は目新しいものではない?

 米ノースウェル・ヘルス、サンドラ・アトラス・バス肝疾患センターのDavid Bernstein氏は、先の研究結果に対して以下のようにコメントしている。

 「これまでに計43万人以上を対象とした複数の大規模研究で、コーヒーを摂取すると、特に過食や飲酒の習慣がある人で肝硬変のリスクが有意に低減することが報告されており、今回の結果は目新しいものではない」

 しかしBernstein氏は「Hu氏らの研究は、近年集積しつつあるコーヒー摂取が肝疾患の進行リスクの低減に有効とするエビデンスを支持するものだ」と付け加えている。

 なお、学会発表された研究結果は、査読を受けて医学誌に掲載されるまでは予備的なものと見なす必要がある。
(文=編集部)

脳卒中の後遺症  機能回復・再発予防専門トレーニング「リハジム」とは?
インタビュー「脳卒中後遺症の機能回復・再発予防専門のジム」前編:株式会社P3代表・中村尚人(理学療法士)

脳卒中後遺症の方のための機能回復・再発予防専門トレーニングをメインとした、まったく新しいコンセプトのジム「リハジム」がオープンした。この施設を運営する学療法士で株式会社P3の代表も務める中村尚人氏に、今回はジムで行われるリハビリの内容について訊いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

広島大学名誉教授。1941年、広島市生まれ。広島…

難波紘二

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆