子どもへの性的虐待が莫大な財政負担に! 米国では年間で約1兆円の経済的な損失

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子どもへの性的虐待は国に重い財政負担を強いている

 性的虐待が子どもの精神面や身体的な健康に計り知れない影響をもたらすことは明白だが、Letourneau氏は「その事実だけでは防止策の拡充にはつながらない」と指摘している。

 加えて「性的虐待を受けた後の対策ばかりでなく、被害の発生自体を防止することが重要だ」とした上で、こうコメントしている。

 「今回の研究で、子どもへの性的虐待がいかに国に重い財政負担を強いているのかを信頼性の高い推計値で示すことで、政策立案者が防止策の普及に力を入れる契機になると期待している」

 Letourneau氏らによれば、子どもへの性的虐待による影響は、子どもが成人した後も長期的に続くことが、これまでの研究で明らかにされている。

 また、性的虐待を受けた子どもは、性感染症、暴力や自傷行為、薬物乱用といった問題を抱えるリスクも高いことを示した研究もあるとしている。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫