水分補給は、喉が渇く前に! 熱中症や脱水予防があなたのパフォーマンスを上げる

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

渇きの先回り補給を

 こうして「盲検下での補給の差異」→「自然な渇きへの配慮(=排除)」→「2時間後の全力走」という手順で比較分析が実施され、次のような結果が導かれた。

 細かい配慮からか、①②群の選手とも、実験中に「喉の渇き」自体は感じなかったと証言した。にもかかわらず、①の被脱水群に比べた場合、②の脱水群ではペダルを漕ぐスピードや出力の低下が読み取れた。

 また一方、環境温度の影響を受けにくい深部体温も、①群のほうが②群よりも明らかに高かった。こうした結果に対して、Kavouras氏は次のような見解を示している。

 「運動中に十分な量の水を飲んで、適切な水分量を維持することが、いかなる影響を及ぼすか。それが最良のパフォーマンスを発揮するため、そして深部体温の調整にとって不可欠であることが今回の研究で示唆された」

 もちろん、運動時の発汗量に個人差があることは言うまでもない。ゆえに、各自のベスト状態を引き出すためには「個々のアスリートが自らに適した水分補給の方法を決める必要がある」と、同大学のプレス資料上でも研究陣は補足している。 

 今回の被験対象者が7名とやや小規模であった点についても、Kavouras氏は「(7名といえども)有意差を導くための統計学的な検出力は十分だったと考えている」と説明している。

 さて、梅雨を迎える前から「夏日」に見舞われる日も少なくなかった今年の日本列島。「脱水症状」や「熱中症」などの有難くない用語が躍る季節もこれからが本番だが……。

 コンビニでも売れ筋商品のペットボトル1本分(500ml)よりも多い水分が体外に排出されると、ヒトの体は既に「水分不足」に陥っているとか。ちなみにヒトは膀胱におよそ600ml前後の尿が溜まると「尿意」を覚えるそうだが、それは忘れてもいい雑学――。

 どうか、今年の夏からは「喉が渇きを感じてからでは遅すぎる」という補給時を標語のように憶えていただきたいもの。いや、今この瞬間から水分補給をどうぞ!
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆