おいしく実現、減塩生活~高血圧に悩む人が厚労省の目標8%を達成するには?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

減塩商品で塩分8%を目指す

 

 前述の中でも、一番手っ取り早いのが⑦の減塩商品を取り入れることではないだろうか。

 ネットを見ると、減塩の味噌・しょうゆはもちろん、マヨネーズやコンソメ、めんつゆ、梅干し、カップ麺、各種缶詰、菓子、乳製品、漬物など、幅広い減塩食品が通信販売で購入できる。

 塩自体で塩分を抑えた商品もある。市場で販売される多くの塩が塩分99.5%に対し、「紅彩塩(べにさいのしお)」は89.5%と10%の減塩に成功した、旨みのある塩として人気だ。10%の減塩は、昆布や椎茸、帆立貝から抽出した旨み成分を加えたことで実現できたそうだ。

 白塩のほか、柚子七味やカレー、胡麻、抹茶など味のバリエーションを楽しめる商品も揃っているから、ぜひ試してみたい。
(文=編集部)

インプラント治療で失敗しないために良心的な歯科医を見分けるポイント
インタビュー「インプラントトラブルの実態」後編:日本橋インプラントセンター所長・玉木仁氏

前編『インプラント治療のトラブルの実態〜原因の多くは価格破壊と勉強不足』

不幸にして歯が抜けてしまった場合の治療法として広まってきた「インプラント」。しかし、1本40~60万円と、決して安くはないわりに、インプラントはトラブルの話も多い。そこで今回は、「日本橋インプラントセンター」の玉木仁所長に良心的な歯科医を見分けるポイントを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太