おいしく実現、減塩生活~高血圧に悩む人が厚労省の目標8%を達成するには?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

減塩商品で塩分8%を目指す

 

 前述の中でも、一番手っ取り早いのが⑦の減塩商品を取り入れることではないだろうか。

 ネットを見ると、減塩の味噌・しょうゆはもちろん、マヨネーズやコンソメ、めんつゆ、梅干し、カップ麺、各種缶詰、菓子、乳製品、漬物など、幅広い減塩食品が通信販売で購入できる。

 塩自体で塩分を抑えた商品もある。市場で販売される多くの塩が塩分99.5%に対し、「紅彩塩(べにさいのしお)」は89.5%と10%の減塩に成功した、旨みのある塩として人気だ。10%の減塩は、昆布や椎茸、帆立貝から抽出した旨み成分を加えたことで実現できたそうだ。

 白塩のほか、柚子七味やカレー、胡麻、抹茶など味のバリエーションを楽しめる商品も揃っているから、ぜひ試してみたい。
(文=編集部)

美容界で異彩を放つ「炭酸ジェルパック」とは?細胞からのアンチエイジングとケアが大切
インタビュー「炭酸美容とはなにか?」後編:メディオン美容皮膚クリニック院長・日置正人氏

前編『炭酸ケアの第一人者、褥創の治療経験から生まれた「炭酸ジェルパック」』

美容の世界でも異彩を放つっている「炭酸ジェルパック」。 皮膚科・内科の医師として長年、炭酸の医療的な研究に携わり、その研究の成果として画期的な美容素材「炭酸ジェル」を開発した日置正人医師に、その開発の過程や効果について聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆