おいしく実現、減塩生活~高血圧に悩む人が厚労省の目標8%を達成するには?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

減塩商品で塩分8%を目指す

 

 前述の中でも、一番手っ取り早いのが⑦の減塩商品を取り入れることではないだろうか。

 ネットを見ると、減塩の味噌・しょうゆはもちろん、マヨネーズやコンソメ、めんつゆ、梅干し、カップ麺、各種缶詰、菓子、乳製品、漬物など、幅広い減塩食品が通信販売で購入できる。

 塩自体で塩分を抑えた商品もある。市場で販売される多くの塩が塩分99.5%に対し、「紅彩塩(べにさいのしお)」は89.5%と10%の減塩に成功した、旨みのある塩として人気だ。10%の減塩は、昆布や椎茸、帆立貝から抽出した旨み成分を加えたことで実現できたそうだ。

 白塩のほか、柚子七味やカレー、胡麻、抹茶など味のバリエーションを楽しめる商品も揃っているから、ぜひ試してみたい。
(文=編集部)

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆